結婚式トラブル相談多発、1500件

 結婚式の契約や解約などの、トラブル相談が国民生活

センターに多く寄せられている。

毎年1500件程度で、昨年1700件の

トラブル相談があるという。













内容は、『割引は、今日まで』と急がされ契約し、

翌日キャンセルしても内金が返金されないなど、

契約や解約に関する相談が全体の9割近くを占めている。










国民生活センターは、強引な勧誘の背景には、結婚の

顧客獲得競争があるとみて、式場の見学をして気分が盛り

上がっても、









冷静に、『この式場以外考えられない』という

場合以外は、その場で、申し込み金を支払わず契約をする前に、

内容をしっかり確認するよう呼びかけています。












何だか、幸せになろうとして、結婚式を挙げようとするのに、

ブライダル会社の利益だけを求められる、事業内容。








他にも、

結婚式当日の打ち合わせ通りの、


サービスが行われなかったり、





1年以上前のキャンセルなのに、


高額なキャンセル料を請求されたなど、

多くのトラブルがある。












契約する方も、契約をしてもらう側も気持ち良く出来るように、

契約内容の書類を渡して、きちんと納得出来る説明をして契約を

進めてもらいたいですね。事業主も社員教育を正しく行い、

きちんと会社運営をしてもらいたいですね。









幸せな、結婚をプロデュースするブライダル会社の

存在価値が下がりますね、


契約のさいは、冷静に自身が納得し、


契約出来る気持ちで向かい、結婚式場の見学の


さいは、気をつけて行きましょう。







sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です