東京ゲームショウ!中丸雄一さんがVR体験!VR酔いの心配は!?

日本テレビ系「シューイチ」にて、幕張メッセで開催!東京ゲームショウ!で中丸雄一さん、経済ジャーナリスト渋谷和宏さんがVRを体験した内容が放送されていました。

東京ゲームショウ!VR!

ゲーム好きな中丸雄一さんが期待しているVRを取材しに幕張メッセに!

 

中丸さんは、5、6年前から仕事と別に、プライベートでゲームショウに来ているゲーム好き!

今年は、VRが注目と中丸さんが説明され、それに他のテレビ番組でも取り上げられていますね!

VR!バーチャルリアリティー!が超進化しているみたいですね!

それと、来月からソニーからVRが発売されると中丸さんが説明して、これでVRが家庭に浸透して行くのではと!

プレイステーションのソニーブース!取材!

中丸さんは、ソニーブースでVRの特殊ゴーグルを付けて、コントローラを持ちゲームを開始!

10月13日発売予定のPlayStation VR WORLDSをVR体験!

ゲームの内容は走る車の助手席に中丸さんが乗っている設定。

ゲーム内で仮想の中丸さんが手で、ダッシュボードを開けたり、ドアを開けて中丸さんが驚いていた!

それで、車を走行中にバイクに乗ったギャングが現れて発泡され!

運転席の仲間から、銃がダッシュボードの上に投げられ、それと取って中丸さんが反撃!

あまりのリアルさと、中丸さんのゲームの感覚を越えたのか一言!

「ゲームって、もうこんな感じなの!」

ブースの関係者は「ゲームというより体験ですね」

そして、ゲームを終えて中丸さんは顔に汗をかなりかいていた。

VR体験の感想!

中丸さん「今まで体験したVRは手元がなくて、一方に受け身だった物が多かった。見るだけのものが。

今回両手が使えて色んなものが、自分が動きたいように動くとういうが初めてで!一気に進化したと思います」

Sponsored Link

長時間ゲームのVR酔いは大丈夫!?

VR元年と言われる今年!

僕も、正直ゲームが好きなので気になるのが長時間ゲームしてのVR酔い!

人によっては、短時間でもあるのでは!?

VR酔いの症状!

体のほてり、頭痛、冷や汗、眠気。

それに、ひどい場合は嘔吐することもあるらしいです。

なぜ酔いが!?

体が動いていないのに、見ている物が動くの。それと予測不能に動くと脳が混乱して酔いにつながるそうです。

VR酔いを起こしやすい人!

絶対に酔うわけではないようですが!

6〜12歳の子供。

女性が酔い安い研究結果などがあるようです。

VR酔いを防ぐには!?

やっぱり必要以上に、頭を振らないとか!

アラームなどセットして長時間しないとか!

 

それと根本のゲーム作りの段階の規制が必要では!?

でも、規制してゲームを作るとVRの面白さが半減するのがポイントでしょね!

 

VR酔いになった人は、おそらくもうVRゲームはしたくないでしょね!

 

VRが家庭に広まるまでに問題解決が必要ですね。

 

それに、VRゲームはゴーグルを付け視界を遮断するのも問題でしょうね!

ゲームをする為にスペースを確保しないと出来ないですし、見えない状態で!腕を振ったりするのでケガの可能性も!

大人なら、それを考えてゲームを楽しめますが子供は細かい事を考えてしない可能性がケガに!

 

VR酔いがどうなるか気になりますね!

VR酔いのいい対策が分かれば、必ず一気にVRは家庭のゲームの中心に!

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です