「大阪ほんわかテレビ」一行怪談漢字ドリル!病みつきになる!

読売テレビ放送「大阪ほんわかテレビ」にて、病みつきになる怪談漢字ドリルが紹介されていました。

 

一行怪談漢字ドリル

この漢字ドリルは、漢字の学習と想像力が鍛えられる!

怪談は何通りも解釈ができるため想像力も鍛えられる!

 

怪談は、一から十まで説明しきったら逆にダメで

何で?っていう空白の部分を想像するのが怖いし面白い!

例文

「いくら よんでも へんじを しない

お母さんの足元に 耳がおちていた。」を想像すると!

 

①お母さんが恐ろしい怪物に襲われたという解釈や

②お母さんは人間以外の別の生き物という解釈など

だから怪談話は何通りもの解釈ができる!

 

Sponsored Link



Sponsored Link