穀類・野菜の摂取量が所得によって違い!

厚労省の調査で

 

所得が低い世帯は、高い世帯と比べてパンや穀類を多く食べ、

野菜を余り食べない事が、厚労省の調査でわかりました。

 

 

厚労省の調査によりますと、一日に食べるパンや

ご飯や麺類の穀類は、年収600万円以上の世帯では、

男性平均494g、女性353gにたいし、

年収200万円未満だと、男性535g、女性373gでした。

 

野菜摂取量

 

一方、野菜は男女ともに、年収600万円以上ほうが、

年収200万円未満より多く食べています。

 

さらに、肥満者の割合は、年収200万円未満の、

世帯の方が高いということです。

 

厚労省は、所得が高い世帯は、栄養バランスの良い、

食事をする傾向にあると分析しています。

 

 

睡眠時間

 

また、睡眠についての調査では、2割の人が休養が

十分にとれていないと回答しました。

特に40歳代では、32,5%過去の調査より高い水準です。

 

やはり、ストレスチェックなどする、世の中では、

精神的な部分が睡眠時間を、

妨げている可能性もあるんでしょうか?

 

住み良い世の中に、精神的充実した、

生活が求められます。

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です