ミドリムシでCO2削減!バイオ燃料!

期待高まるバイオ燃料!

 

日本国内で、CO2の削減を進める、取り組みが加速!

気候変動対策と経済成長を両立させる鍵は!

 

 

ミドリムシから、バイオ燃料、それを次世代のバイオ・

ディーゼルを作る。バイオ燃料の開発を進める、

ベンチャー企業のユーグレナが発表したのは、

ミドリムシを使い国内で初めて、バイオジェット

燃料を生産するプロジェクト。

 

 

横浜市に、ミドリムシから取れる油を使う、

生産設備を建設し、5年以内の実用化を目指す。

プロジェクトには、全日空、いすゞ自動車など、

民間4社と横浜市が参加します。

 

 

ミドリムシがなぜ、気候変動の鍵になるのか?

ミドリムシに限らずバイオ燃料であれば、co2の量は、

増えもしないが減りもしない。持続可能な社会を作る

ことが出来る。バイオ燃料でも、燃える時には、

co2が排出されます。

 

 

 

しかし、その原料が育つ時に、空気中のco2を吸収するため、

植物を育て続ければ、co2は増えないと言う計算になる。

日本政府も、バイオ燃料の活用をco2削減策の一つと

位置付けています。ただ、コスト面や供給体制について、

 

 

まだまだ、課題が多い。従来より数百倍大きい設備でようやく、

既存の化石燃料に、競争力のある価格になる。

いろいろ難しいことを、乗り越えていかないといけない。

 

 

全日空は、日本で一番早くジェット燃料として

利用出来ると期待している。

 

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です