トイレの後・手を洗わない人15%も

 消費者庁は、ノロウイルスが流行する、冬場を前に正しい

手洗いをするよう呼びかけています。








消費者庁が、初めて行った手洗いについての

アンケートによると、15、4%の人が

トイレの後に手を洗わない、ことがあると答えたということ。







さらに、大便をした後に手を洗わない8、1%いました。

毎年1万人以上がノロウイルスによる、食中毒なって

いますが、感染した人の便には、1グラムあたり

数億個のウイルスが、含まれるという事です。






消費者庁は、食事の前やトイレの後は、

見た目でも汚れていなくても、

手の甲や手首まで、洗うよう呼びかけています。






結構、手が汚れていないと、

皆さん手を洗わない人が多いですね。








特に、ノロウイルスは大便に、混ざっているから、

今の時期、本当に手洗いを大切にしましょう。









細かい事を、言えば、トイレの前も後も手洗いするのが、


必要なのでは、汚れた手で、トイレをする事になりますよね。










考えると自分のためですから、手を清潔にして、

病気にならないように生活する。

そうすれば、他の人もノロウイルスを防げる。




出来るだけ、手洗いをしましょう。




sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です