スポーツ庁「運動能力調査」

スポーツ庁が全国の小学5年生と中学2年生を

対象に行なった調査で、スポーツテストの結果が

5段階中、もっとも良いA評価だった子供の内、

 

家族と運動やスポーツについて、周1回以上話すと応え

子供の割合は、74,9%に上り全国平均

30ポイント上回りました。

 

家族と運動やスポーツに

ついて周1回以上話す

「A」評価だった子供・74,9%・

全国平均・46,8%・

 

また、家族と周1回以上、スポーツを見ると

応えた割合も、全国平均を20ポイント

近く上回るなど、運動やスポーツと家庭との

関わり方が子供の体力向上に影響しているとみられます。

 

 

家族と周1回以上スポーツを見る

「A」評価の子供・59,2%・

全国平均・39,3%

 

 

また、体力結果を種目別に見てみると、

中学校の男子意外で、上体おこしと長座体前屈が

過去最高となる一方、握力とソフトボール投げは、

小中学校の男女すべてで、過去最低を

更新するなど、二極化の傾向が見られます。

 

種目によって成績が違うんですね、二極化してるとの事。

ちなみに、都道府県別に見る体力テストの合計点、

小中学生に男女ともに福井県が、

2年連続もっとも高くなっているそうです。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です