琴奨菊関の優勝には、肉体改造と!?「めざましテレビ」

フジテレビ系「めざましテレビ」にて、大関・琴奨菊さん(31)の優勝に隠された肉体改造で進化として放送されていた。

その内容は、ただ自分で考えてやるのではなく、グッドコンディションジムの塩田宗廣トレーナー(38)のプロ指導を受け、去年の8月から肉体改造である。

ダンベルの穴に、鎖を通して、砲丸投げのように振り回す運動やタイヤにオモリを付けて、両手で押す運動など、腕だけの力だけではなく、全身を使うトレーニングを行っていた。

肉体改造して!?

 

琴奨菊関「自分の体がブレなくなって。相手に自分の圧力が加わるし、やはり、(体の)芯の力が強くなった。踏み込む圧力が増した。あと、自分の軸がしっかり、こう・・太くなった」

それと、去年7月に結婚した妻の祐未さん(29)の支えのおかげでしょう。それと、祐未さんは、琴奨菊関の為に「アスリート・フードマイスター」の資格を取得した。

食事面でも意識して!

 

琴奨菊関「白米が五穀米になりましたし。バランスを良く考えてくれて、まあ、鶏ももが好きなんですけど。ほとんど、むね肉になりまして、ささみとか。そういう部分ですね。あと海藻類は、消化が遅くなるから、場所中は残りやすいから。ちょっと控えた方がいいとか。なんか、いろいろ教えてくれてます。

土俵は孤独な戦いなんですけども。体力、気力ありますけども。気力をやしなってくれたのは嫁のおかげです」

 

大関・琴奨菊関の優勝は、従来のやり方に新たなトレーニングと妻の祐未さんの支えがあり出来たものだったんですね。科学のトレーニングと妻の「アスリート・フードマイスター」の力を取り入れた相撲が、肉体の持つ力を引き出し、外国人力士と比べて、飛び抜けて大きくない、身長179cm、体重180kgの琴奨菊関が、日本人10年ぶり優勝に繋がったんですね。

おそらく、他にも細かな制限やデータを取り、場所中は考えながらの相撲が行われたんでしょう。2場所連続優勝だと横綱昇進確実!綱取りが行われる来場所初日は、3月13日です!横綱昇進を期待して、相撲観戦が楽しみですね。

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です