鼻毛処理のオススメなやり方は?手入れは何日間隔でする?

鼻毛処理のオススメなやり方は?手入れは何日間隔でする?

鼻毛処理。密かに気になりますよね。どんなに美しい顔をしていても、鼻毛がでていたら台無しです。知らない間に出ていることが多い鼻毛。いつもきれいにしておく必要があります。

 

Sponsored Link

鼻毛処理のおすすめ方法、鼻毛カッター

鼻毛処理のおすすめの手段として考えられるのが、鼻毛カッターでチョキチョキとカットする方法です。自分専用のものをネットで購入すると良いと思われます。
清潔に使えば、衛生面も問題なく、伸びてくる鼻毛をカットして、皮膚にダメージも与えません。

ただし、鼻毛は人体にとって必要な役目があるから、存在するのです。よって、すべてカットしてしまってはいけません。あまりに奥の方まで鼻毛カッターをツッコんだりすると、鼻の奥にダメージを与えてしまうケースがあります。また、鼻毛そのものも、すべてカットすると、ホコリやゴミを体内に取り入れないよう防ぐという役割がおろそかになり、汚い空気を吸い込んでしまいます。

よって、鼻毛は全部カットするのはよくありません。鼻の穴から2ミリ~3ミリ程度奥まで、見えないようにカットしましょう。

永久脱毛やレーザー脱毛ってどうなの?

正直言って、永久脱毛やレーザー脱毛はおすすめできません。鼻の粘膜は非常にデリケートになっているので、そこに強いレーザーを当てて脱毛すると、鼻の内側の皮膚が焦げてしまい、大変なことになってしまうリスクがあるからです。

美容整形外科のCMでは、鼻毛の脱毛を推奨していますが、それは商売だからという側面もあると思います。この記事では、公平に鼻毛処理について考察しているので、率直にいって鼻毛の脱毛はおすすめできません。

そもそも、鼻毛は呼吸の際にゴミを吸引してしまうのを防ぐために残っているものです。よって、不自然に人工脱毛してしまうことは、体の不調を招く懸念があります。よって、鼻毛の永久脱毛やレーザー脱毛はおすすめできません。

切れ味で選んで!電動鼻毛カッター

そこで、冒頭にみたとおり、鼻毛カッターでカットするという方法になるのですが、鼻毛カッターには電動のものもあります。ぜひ使ってみましょう。

電動の鼻毛カッターは切れ味が鋭いものにしましょう。仮に切れ味があまり良くないと、カットしようとしたときに鼻毛を巻き込んでしまって、とても痛いい思いをするハメになります。

よって、電動の鼻毛カッターは、切れ味で選んでください。また、モーターが大きすぎるものなどもありますので、少しハンディなものにしましょう。切れ味と携帯性で選ぶのが理想です。

鼻毛処理のタイミングは?

鼻毛処理はどの程度、間隔を置けばよいのでしょうか。
平均して、5日に1度から2週間に1度程度が理想です。毎日やるのはやりすぎですし、1ヶ月に一度というのも少なすぎて鼻毛が目立ってしまいます。

鼻毛が伸びるスピードは個人差がありますので、自分の鼻毛がよく生えているなあと思うのであれば、5日に1度は処理したほうが良いでしょう。また、ちらりと見えている程度で、少し気にかかるかな、というころあいでしたら、2週間に1度を目安にカットしてください。

鼻毛カッターは衛生面の注意が必要

文房具のハサミを鼻にツッコむのは止めたほうが良いでしょう。自宅にある文具のはさみは、封筒やさまざまなものを切るのに使っていることだろうと思いますので、鼻に入れるのは不衛生です。

万が一、鼻毛を処理している際に鼻の粘膜や内側の皮膚に傷がついたら、そこからはさみを経由して雑菌が入り、炎症を起こしたり重大な感染症にかかったりする恐れもあります。

不衛生なので、文具のはさみを鼻にいれるのは絶対にやめてください。鼻毛専用のカッターを使いましょう。
そして、鼻毛カッターは清潔に保ってください。使う前にはアルコール除菌して、使い終わったあともアルコール入りのティッシュで拭きましょう。水洗いできる鼻毛カッターもあります。

できる限り清潔に扱い、雑菌が繁殖しないよう日陰に保存してください。太陽の光があたるところでは菌が繁殖するリスクがあります。

鼻毛処理はエチケット!清潔に行って、素敵な笑顔を

鼻毛処理はエチケットの一種です。鼻毛が出ていて生活面で困ることはありませんが、エチケット・マナー面では大きな支障をきたします。どんなに素敵な笑顔でも、鼻毛が出ていたら台無しですよね。

ぜひ、鼻毛カッターでカットしてみてください。鼻毛カッターを清潔に保てば、衛生面のトラブルなく、鼻毛を処理することができますよ。

Sponsored Link



Sponsored Link