車であおられた時の対処方法!強制的に車を停車させられた時に注意する点!

車に乗っている人は、あおられた経験がある人がいると思います。

あおられると怖いと感じたり、嫌な思いをしますよね!

それにテレビや新聞であおられ行為が話題です!

そんな時の対処方法を紹介したいと思います。

あおられた時の対処方法!

車であおられたからといって二車線などでは、あおり返さないのが鉄則です!

なぜなら、感情的になり事故を起こす可能性もあり当人同士以外にも危険が及ぶ行為です!

車が走る道は、個人の道路ではありませんから大勢の人が利用する公道です!

 

車で、急激に車に接近しあおる行為は道路交通法違反になります!

 

だから!

道を譲るか、警察署や人が集まるコンビニの駐車場などに停車しましょう!

あおられた状態で、走り続けると事故の危険も精神的にも良い状態ではありません!

 

それで、車を止めてロックして車内から110番通報し事情を説明しましょう!

注意点!

あおった相手が、車から降りてきても携帯で撮影しているとアピールは危険!

相手の感情を逆撫でる行為になり、より逆上します!

だから、録音や相手が車に乗ったのを確認し車のナンバーと車種を確認しましょう!

Sponsored Link

車で、つけ回されたら?

この時も!

やみくもに知らない道を逃げ回るのは危険!

 

それと、遠出している時は広い道路を走行して

警察署・交番の前・コンビニの駐車場など

人の目がつく所、防犯カメラがある所に止まるようにして車はロックをかける!

 

それで、車内から110番通報などを行いましょう!

 

この時も、携帯などでの撮影はやめましょう!

 

なぜあおる行為をするの!?

 

急いでいるから!

自分の車よりスピードが遅いから!

せっかちなので!

と個人的な理由があります。

 

 

高速道路での対処法!

 

高速道路は、通常より早いスピード規制なので!

左車線を走っている時にあおられても

追い越し車線に逃げずに相手が追い抜いて行くのを待ちましょう!

 

追い越し車線に逃げると、相手が追い抜いてくれればいいですが!

追い越し車線に同じように移動されると、スピードを上げ続けなければならなくなり

危険な状態になる可能性が高いので車線変更は避けましょう!

 

心理的にも追い詰められるので!

 

相手があおる行為をやめるまで耐えるか、路肩に止めて車内ロックして通報しましょう!

 

前に入られたり進路を妨害され止まならなければならない状態の時は!

 

左車線で止められたら、路肩によせて止めます!

 

止まったら、車のドアはロックし窓を閉めます!

相手が車から降りて、こちらに向かって来たら

見せるように110番に通報している事をアピールする!

 

人の心理で、その場で怒りなどをぶつけたいので!

その場で110番通報をすれば普通は逃げます。

 

車のナンバーを覚えたり、録音をして証拠となる物を

それか目撃してくれた人に証言をお願いをする!

気をつけよう!クラクションもトラブルの原因に!

クラクションは、道路交通法で鳴らさなければならない

場所を除き鳴らしてはならない!

ただし!危険を防止するため

やむを得ない時に限り!と定められています!

 

だから基本は、鳴らしてはいけないとされています。

違反するとひどい場合で、罰金が発生します!

 

クラクションが及ぼす印象!

 

やっぱり車の運転中に、感情を感じ取れるのがクラクション。

例えば、道を譲ってくれた時に軽くポンと「ありがとう」とクラクションを鳴らす。

 

でも、信号で車を停車している時に

信号が青に変わっても動かない車に対してクラクションを鳴らすなどがあります。

その時に、鳴らされたクラクションに怒りを持つ人もいるので!

1秒以上の長いクラクションは避けましょう!

 

 

 

まとめ

車で、あおられたら感情的にならず道を譲ったり、やり過ごす事が事故や事件にならずに安全です!

一時の感情で、対応するのはやめましょう!勝った負けたの話ではないので。

車内カメラを付けたり、あおり運転や停車させられた時の証拠を録音などして

確保し直接自分で対応を避けましょう!

Sponsored Link



Sponsored Link