印税12億の作家が明かす!印税マネー事情「ミヤネ屋」

読売テレビ「ミヤネ屋」の新企画で新しいコーナー「オカネ屋」で作家の森博嗣氏(58)の印税事情を放送。

作家・森博嗣氏!

作家の森博嗣氏は、代表作「すべてがFになる」「スカイ・クロラ」があります。

著書の「作家の収支」で印税事情激白!

1996年出版「すべてがFになる」

ノベルス文庫・78万部→6100万円!

デビューから2014年まで全作品の印税!

約12億8000万円!

 

それで原稿料が、1ページは、

300文字から400文字!4000〜6000円

短編小説(50ページ)20〜30万円

 

他の著者の文庫解説文は、10万円

連続ドラマになると!?1時間50万円

パチンコ台500万円(森博嗣氏・実現せず)

テスト問題に採用は無料・本で問題集になると印税対象

 

やっぱり、有名作家だと1つ当たると雪崩のように、お金の話がくるんでしょうね!作家さんは、発想力や言葉の使い方など考えただけで、大変そうな事ばかり浮かぶし、もしヒットしたら、次の作品が大変そうな気もしますね。簡単に印税生活に辿り着けそうに思えないですね個人的に。

1ページ4000円が300〜400文字でって、気が遠くなりますし、それを50ページって!話が出てこないですね。作家さんは、スゴイです。でも、印税生活って夢のような世界でしょうね。ヒットしたら、何もしないでお金が振り込まれる!

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です