野村宏伸さん、昔に事務所に言ってたNGセリフ!?そして、テングに!

テレビ朝日「しくじり先生 おれみたいになるな!!」に俳優の野村宏伸さんが主演されました。

事務所に言っていたNGセリフ!

野村宏伸さん「この事務所があるのは、誰のおかげだ?」

澤部佑さん「そりゃそうでしょ」

若林正恭さん「これはダメですねNG」

澤部さん「これ言ちゃだめでしょ!」

野村さん「休みくれって言ってんだろ?」

澤部さん「うわぁ、言い方確かに、ちょっと」

野村さん「俺をもっと売れよ!それがマネージメントだろ!?」

澤部さん「これはテング!」

野村さん「休みくれって言いながら、これを言ってる矛盾さをね。当時は、小さな芸能事務所でした。なのでその日の気分で、ワガママを言ってしまう事がありました。

そして世間では、野村宏伸と言えば、びんびんの榎本と言うイメージになっていましたが。テング化した僕は、こんなしくじった感覚に陥ります。ナヨナヨした榎本役はやらねぇよ!」

吉村崇さん「これは言ちゃだめだ!」

若林さん「なるほど」

Sponsored Link

本当の性格!

野村さん「本当の自分は、男ぽい性格なんですね。気弱な榎本は、自分の性格とは真逆の役だったんです」

若林さん「え〜」

野村さん「その為、テングになった僕は、人からナメられる榎本みたいな役は、もうやりたくない」

若林さん「そうかー」

野村さん「本当の俺は、こんなんじゃない!松田優作みたいな、ハードボイルドな役がやりたい!と世間からの榎本の、イメージに反発するようになったです」

街で話し掛けられ!?

若林さん「街とか歩いてても、榎本の感じで話し掛けられたりしてたんですか?」

野村さん「ありましたね、やっぱり」

若林さん「やっぱりそうですか」

野村さん「だから、そんな当時、街でファンの方に声を掛けられて、びんびんの榎本さんですよね?って聞かれた時に、こんな返事をよくしてました。だから?」

澤部さん「こわ!」

吉村さん「やべ、ほぼ沢尻じゃん!別に」

野村さん「今思えば本当に、ヒドイ人間ですよね、なんか」

澤部さん「だからこれは、もう」

野村さん「言ちゃいかんすね」

若林さん「イメージが違い過ぎますもんね」

謝罪!

野村さん「ファンの人には、本当に人としても、絶対にやってはいけない事をやってしまったんです。あの時のファンの皆様、本当にすいませんでした」

若林さん「本当の謝罪ですね。たまに、しくじりで見る」

野村さん「すいません」

若林さん「オフィシャルの謝罪です」

 

 

野村宏伸さんが、そんなにテングになっていたとは知りませんでした!イメージ出来ないですね、あの当時のドラマを見ていた人は!でも、外見よりも、中身が男ぽいからでしょうね野村さん自身が言うように。
だから、テレビで観なくなって行ったんですね。それに、人は調子に乗る時はありますからね。

街でのファンに対しての、対応はダメですよね、だから?って!応援してくれているファンに言ってはいけない言葉ですよね。だから、野村さんも、今は反省して仕事をしているんですね。

Sponsored Link



Sponsored Link