やべきょうすけさん、E-girlsが好き!でも、他の女性タレントにリプライ送る!そして、キャバクラが好き!

日本テレビ系「有吉反省会」に、俳優のやべきょうすけさんがゲスト出演されました。

E-girlsが好き!

有吉弘行さん「E-girlsがお好きなんですか?」

やべきょうすけさん「そうっすね・・はい」

有吉さん「なんで、今必死に隠すんですか」

指原莉乃さん「あんなに書いてるのに」

やべさん「てっいうか。別によくないすっか?」

有吉さん「いや、いや別にいいと思いますけどね。ちょっと、お仕事に支障でないのかなって。コワモテのイメージがあるんで」

やべさん「コワモテって」

有吉さん「ええ」

やべさん「作品を通じて、皆が思ってることじゃないですか?僕は、コワモテで売っていきたいみたいな事があるわけじゃないので」

有吉さん「そうか。コワモテで売って行きたくない人の、ファッションじゃないですよね。完全に、コワモテの人の」



Sponsored Link







E-girlsの魅力!

やべさん「まずダンス、2時間笑顔で踊りっぱなしって事は、まず中々できる人がいないんですよね」

有吉さん「そうですよね」

やべさん「それで曲によって、ダンスもいろいろ変わるんですよ」

有吉さん「ほぅほぅ」

やべさん「激しく元気なものもあれば、ホントこうすごいセクシーな踊りもしますし。そういった事を変えられる。1つのグループでありながら変えていけるっていうポテンシャルが、すごいことだと思うんですよ」

有吉さん「なんか伝わっては来ます」

やべさん「もちろん容姿もかわいいです。個性の色々ですけど」

有吉さん「はいはい」

E-girlsは?

やべさん「逆に好きじゃないの?」

有吉さん「AKBと比べると、僕は確かにE-girlsがいいと思います」

指原さん「ホントやめて下さい」

やべさん「好きって色々あるでしょ?人を好きになる上で、色々あるじゃないですか」

有吉さん「確かに」

やべさん「LikeもあればLOVEもあって。いや、E-girlsはLOVEではないんですけど。そういうやらしい気持ちはないんですけど」

有吉さん「下心無しですね?それ」

やべさん「無いですよ!当たり前ですよ」

有吉さん「ホントですか?」

やべさん「何言ってるんですか」

バカリズムさん「絶対ないわけないよね。あの僕ね、あの、やべさんと何度か共演させてもらって。

Twitterをフォローさしてもらってるんですけど。やべさん、結構、色々な女性タレントにリプライ(つぶやきに対して返信)送ってるんですよ」

出演者「えー!」

バカリズムさん「ただのスケベですよ」

有吉さん「話が違うじゃないですか!」

やべさん「行こうとするんだったら。たとえば、こう、あのフォローしあった中でDMとかで連絡先の交換とか。オープンでやらないでしょ?」

バカリズムさん「はいはい」

有吉さん「なるほど、なるほど」

バカリズムさん「なるほどね」

やべさん「何で汗止まんないんだろう。」

キャバクラ!

やべさん「だから僕は芸能人っていうかですね、人たちには手を出す事無く。どうせだったらキャバクラとかで飲みに行って、健全、健全」

バカリズムさん「健全ですね」

有吉さん「キャバクラはお好きなんですね?」

やべさん「うん・・何か違う!何か伝わってないな!全然伝わってないない、なんか」

バカリズムさん「マジメなんですよやべさんは」

おたくなら!

有吉さん「結局、どこを目指してるんですか、やべさん?」

やべさん「目指すものが分かってるんだったら。多分、こういう番組も出ないと思うんですよ」

有吉さん「確かに、今はアイドルおたくで落ち着いてますよね」

バカリズムさん「肩書アイドルおたく」

指原さん「アイドルおたく」

やべさん「おたくって自分で言うなら。もっとやんなきゃいけないと思う」

有吉さん「なるほど」

やべさん「ちゃんと自分でチケット予約して、物販でちゃんと並んで買って」

有吉さん「うん」

やべさん「現場でCD買ってという事を、してった方がいいんですか?」

有吉さん「いいんですかって、知りません!」

友近さん「分からない、知りません」

指原さん「もういい」

バカリズムさん「マジメだから」

やべさん「分かんない!分かんない!」

 

 
やべきょうすけさんは、E-girlsが好きなんですね。見た目とは違うイメージですし、好きになったきっかけは何だったんでしょうね。それに、バカリズムさんはTwitter仲間で、やべさんの女性タレントへのリプライをチェックしてたんですね。やべさんが言うように、芸能人には興味を向けないで、キャバクラで健全に発散しているんですね!

バカリズムさんの言う通り、やべさんはマジメなんですね。それに、やべさんは今の俳優として目指す方向を迷走しているんですね。確かに、たくさんの役者がいる中で、自分の存在を確立するまで悩むんでしょし、自分に合ったやり方や場所が欲しいですよね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です