826askaさん、竹田恒泰さんの結婚式で演奏を頼まれていた!

読売テレビ「ミヤネ屋」に、ユーチューブでスター・ウォーズのテーマソングをエレクトーンで奏でる、826aska(14)さんが出演されました。

826askaって!?

宮根誠司さん「こう言ちゃなんやけど、普通の女の子やんか!今いくつですか?」

826askaさん「14です」

宮根さん「中学校」

askaさん「3年です」

宮根さん「826って、何ですか?」

askaさん「誕生日!」

宮根さん「8月26日生まれ」

askaさん「はい」

宮根さん「askaちゃんってお名前?」

askaさん「はい」

宮根さん「そうなんや!」

藤村幸司アナ「福井の鯖江市から来てくれました。メガネの街からね」

宮根さん「メガネの街鯖江市や!」

Sponsored Link

部活は!

藤村アナ「お父さん会社員、お母さん主婦、お兄ちゃん会社員という、ごく普通の家で育ったんですが。もう天才少女になりました。部活は、吹奏楽部でパーカッション、打楽器」

宮根さん「何で?パーカッション知ってんの?」

askaさん「お兄ちゃんが打楽器やってて、ちょっと憧れて」

宮根さん「エレクトーンとか、ピアノとかでええんちゃうの?」

askaさん「も、やりながら」

藤村アナ「ほっといてやって下さい。なあ、パーカッションが好きなんやから。5歳でピアノを始めた。これは、どうしてですか?」

askaさん「これは、お母さんが習い事のいっかんとして、習わして」

藤村アナ「8歳でエレクトーン、これは?」

askaさん「これも、お母さんが小さい時に習ってたらしくて」

宮根さん「みんな、すすめるけどさぁ、ここまで弾かれへんよになるやん。大体、挫折するやんか」

竹田恒泰さんの結婚式で!?

藤村アナ「そうなんですね。お母さんが、やりたかった夢を全部引き受けて頑張ってくれてるわけですよ。で、お父さんが動画をね!まあアップしたんですけれど。

やっぱりエレクトーンを世間に広げたいと言う事だったんですが、(YouTubeで)160万回以上も再生されたと。竹田恒泰さんって、あの夜叉五の明治天皇の結婚式も、実は呼ばれて演奏されたんですって」

asakaさん「しました」

藤村アナ「何で呼ばれたんでしたけ?」

askaさん「直接メールが来て」

宮根さん「竹田さんから」

askaさん「はい」

藤村アナ「動画見てすごいって言って、それで出てくれないかって。何の関係も、無かったんやね」

宮根さん「竹田さんが、初めて会って結婚式で弾いてって」

askaさん「はい、、メールが来て、来てね見たいな」

宮根さん「厚かましい、おっさんやな!ホンマ」

藤村アナ「でもすごい盛り上がったらしいですよ」

エレクトーンは!

藤村アナ「エレクトーンって、僕ら分からないじゃないですか」

宮根さん「はいはい」

藤村アナ「こんなに演奏してるんですよって事で」

宮根さん「エレクトーンって、すごい難しいんですよ」

藤村アナ「あの、手で弾く、これピアノと違って(鍵盤が)2つ二弾になってる。上鍵盤と下鍵盤あって。そして、ペダルも鍵盤になってる」

宮根さん「あれなんですよね。手だけ、みんな思ってますけど」

askaさん「はい、はい」

宮根さん「足も動かして音出すんですよね」

藤村アナ「右手で、メロディー、左手でハーモニー、足はベース、リズムパートは、あらかじめ組み込んでおくと言う事で」

スター・ウォーズ演奏!

 


826askaプロフィール!

名前は、askaですが苗字が分かりませんね

生年月日・2001年8月26日(14歳)

出身・福井・鯖江市

部活・吹奏楽部・パーカッション担当

 

 

826askaさんすごいですね!エレクトーンでスター・ウォーズの、テーマソングや映画音楽が好きで演奏は!エレクトーンって、上手くなると、こんなに迫力のある物なんですね。これを、14歳の少女が簡単に演奏って驚きですね。鍵盤が二弾あって、足でベースをして演奏って、ホントに天才少女ですね。

それに、竹田恒泰さんの結婚式で、演奏をしていたとは余計にすごいですね!
それも、知り合いでもなく、メールが来て演奏を引き受けてのことですから。
これから、もっと演奏に磨きをかけて頑張ってもらいたいですね。
この826askaさんの演奏は感動しますね!

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です