サンタの正体を子供に質問された時に焦らず回答する方法とは!

サンタの正体を子供に質問されたときに焦らず回答する方法とは

もし子供に「サンタさんってだぁれ?」と聞かれたら何と答えてあげますか?

これはかなり難題ですね。子供の心を傷つけず、夢を壊さないように、サンタの正体について答えを返してあげることが大切ですね。事前に良い回答ができるように答えを考えておいてはいかがでしょうか?

 

そもそもサンタって誰なんだろう?

 

サンタと聞いて思い浮かぶイメージと言えば、赤い服を着て白いひげを生やした太っちょのおじいさんと言う人が多いのではないでしょうか?

 

トナカイの引くソリに乗って、クリスマスの夜に良い子にプレゼントを配るサンタとは、そもそも誰のことなのでしょうか?

 

実は、サンタは架空の人物ではありますが、モデルになった人が存在しています。

4世紀ころトルコに住むキリスト教の司祭「聖ニコラウス」こそが、サンタのモデルだと言われています。

 

この聖ニコラウスは、日ごろから貧しい子供たちや仕事がない人たちに、自分のものを分け与える心優しい人でした。この聖ニコラウスが貧しいお家に煙突から金貨を投げ入れていたため、サンタは煙突から入ってくると言う設定になっていったようです。

 

実際の正体は、聖ニコラウスは自分のものを分け与えていたため、サンタとは正反対の細い人だったと言われていますので、太っちょの温和なイメージがあるサンタは、ずっと後にアメリカの企業が、飲料水のイメージ戦略で作り上げたイメージと言えるでしょう。

 

でも、良い子にしてみればサンタがプレゼントをくれると言う言い伝えは、子供たちに素敵な夢を与えているのではないでしょうか?

 

Sponsored Link

何歳くらいで信じなくなるの?

 

良い子にしていれば、クリスマスにサンタがプレゼントをくれると信じて、枕元に靴下を置いて眠ったのは、何歳まででしたか?

 

サンタがいるのかいないのか?それぞれのお家によって、子供への教え方はそれぞれです。

初めからサンタなどはいないと、クリスマスプレゼントは親からの手渡しで育てる人もいれば、枕元に置くときに姿を見られてしまって、サンタが親であることがばれた人もいるでしょう。

 

でも多数の子供たちが幼いころは、サンタの存在を信じていて、大きくなるにつれてサンタは本当にいるのかな?サンタの正体は本当は誰なのかなと疑問を抱くようになります。

 

サンタを疑いだしたきっかけの多くは、兄弟や友達からサンタなどはいないと教えられたことや、年齢が大きくなったのをきっかけに親がバラしてしまうケースもあるようです。

 

その平均年齢は、小学校3年から4年生と言う人は多く、本当はいるのかなと疑いつつも親にサンタの存在を質問することが多いのではないでしょうか?正直にバラしても良いのか迷うところですね。

 

では、子供にサンタはいるの?サンタは誰?と聞かれたときに、アタフタせずに子供が納得できる回答をしてあげることができるように考えてみましょう。

 

サンタについての素敵な回答のしかたとは?

サンタの正体は誰なのか?本当にいるのか?信じている子にわざわざ本当のことを教える必要はないとは思いますが、何れ真実を知る日がきますよね。

 

それならば、子供が夢や幸せを感じる回答をしてあげることが大切です。そこで質問が多そうな「サンタはいるの?」の回答を考えてみましょう。

 

これはイエスでもなくノーでもない答えを返すと良いのではないでしょうか?

「○○ちゃんはどう思う?」と子供に逆に質問で返してみましょう。

そこに、本当にサンタがいてくれる方が良いと考える子供の気持ちが見えるのではないでしょうか?子供の答えに寄り添って答えてあげれば、素敵な回答になりますね。

 

もう一つの回答としては、サンタも年をとっておじいさんになってきたから、プレゼントを配るのが大変になってきたのよと言う回答はどうでしょうか?そのため、良い子の周りにいる大人が、サンタさんから頼まれて、プレゼントを配っているのよと言う説明も、サンタは存在するが、もう枕元にプレゼントを配りには来ないのだと言う夢を壊さない回答になるのではないでしょうか?

まとめ

サンタの正体についての質問の回答は、かなり難しいですね。子供がどこまで知っていてその質問をしているのかが解らないので、答えの返し方を迷ってしまいます。

 

でも、サンタの正体や存在を、明らかにするよりは夢を持たせ続けてあげる方が、クリスマスが何倍も楽しいイベントになるのではないでしょうか?どうか素敵な回答を返してあげてくださいね。

Sponsored Link



Sponsored Link