冬至かぼちゃの由来は?食べると何がいいの!

冬至かぼちゃの由来は?食べると何がいいの!

冬至かぼちゃと、聞いて違和感を覚える人も多いと思います。

それも、そのはず。かぼちゃは、夏野菜に分類されますよね。そんなかぼちゃが、なぜ冬至かぼちゃと呼ばれているのか気になりますよね。それなので、冬至かぼちゃの由来と効果について紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

冬至かぼちゃの由来

冬至かぼちゃは、皆さんが知っているように夏野菜です。夏は、太陽が出ていて野菜が育ちますよね。

でも、冬は、寒いので野菜不足となり食料が満足に確保出来ない季節でもあったので夏に収穫出来る夏野菜を冬まで保存して置いて冬に食べられていたことから冬至かぼちゃと呼ばれるようになったと言われています。

また、かぼちゃは収穫してすぐよりも少し休ませるとさらに栄養分が増えるそうです。

保存も、出来て夏よりも栄養価が増して一石二鳥の夏野菜ですね。

 

冬至かぼちゃの栄養分と効果

夏に、収穫したかぼちゃを冬まで保存し冬に食べることで食糧難の冬を乗り切ることが出来たのは休ませたことにより栄養価が増したことにあるのですがその栄養分と効果について紹介したいと思います。

冬至かぼちゃに含まれる栄養分

・ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

・カロチン

・カルシウム

・鉄分

どれも、風邪予防に良いとされている栄養分です。もともと、栄養価が高いかぼちゃですが休ませることによりこれが収穫当初より増すことを昔の人が発見してくれたおかげで私たちが冬至かぼちゃを食べることが出来るのかもしれませんね。

 

 

 

冬至かぼちゃの効果

冬至かぼちゃは、風邪予防以外にも効果があるので紹介したいと思います。

・脳卒中予防

かぼちゃには、脳卒中予防に効果があると言われている栄養分が全て含まれているので他の野菜や食べ物を食べるよりもかぼちゃ一つで予防することが出来るので注目が集まっている野菜です。

・厄除け

冬至かぼちゃを、食べることにより体がぽかぽかと温まり免疫力も上がることから寒い冬を乗り切れることが出来るので厄除け効果があると言われています。

・運盛り

運盛りって何?って、思った人も多いと思います。聞きなれないか初めて聞く言葉かもしれないですね。運盛りを、簡単に説明したいと思います。

運盛りとは

かぼちゃ以外にも、冬に食べると縁起が良いと言われている野菜がいくつもありそれが「ん」がつく野菜と言われていてこれを運盛りと呼びます。

運盛りの野菜

かぼちゃって、「ん」が付かないのでは?と思った人もいると思います。

かぼちゃは、「南瓜」と漢字で書き「なんきん」とも読むそうです。

それでは、かぼちゃ以外の食材を紹介します。

・れんこん

・にんじん

・ぎんなん

・キンカン

・寒天

・うどん

意外と、たくさんあるものですね。上記に、挙げたものを総称して冬至の七種とも言われています。これらの食材を、毎日の料理に取り入れて運気を。

上げることが出来るのであればすぐにでも実行したいですよね。

 

 

 

かぼちゃの効果的な食べ方

かぼちゃが、栄養価が高い事は分かったけどどうすれば効果を生かした食べ方が出来るのかが分からないですよね。栄養価を生かした食べ方を紹介したいと思います。

◆かぼちゃ+ヨーグルト

かぼちゃとヨーグルトで、ヘルシーなサラダを作ることが出来ますよ。マヨネーズの代わりにヨーグルトを使うことによりカロリーを抑えることが出来るのでダイエット中の人にも手軽にメニューに取り入れることが出来ますよ。

◆かぼちゃ+豚肉

かぼちゃと豚肉に含まれるビタミンで糖尿病の予防にもなると言われています。また、かぼちゃは油と炒めることで栄養価を上げることが出来るのと簡単なのでおすすめ料理ですよ。

◆かぼちゃ+牛乳+チーズ

この組み合わせで、子供の大好きなグラタンが出来ますよ。かぼちゃ以外に鶏肉を入れればボリュームたっぷりのグラタンになるし手軽に毎日のメニューに取り入れることが出来るのでこちらもおすすめですよ。

 

まとめ

かぼちゃを、冬に食べる事が当たり前になった現代ですが昔の人が寒い冬を乗り切るための知恵がおかげだったのかもしれないですね。

また、その栄養価の高い食材を毎日の食事に取り入れることにより生活習慣による病気も防ぐことが出来るならすぐにでも取り入れたいですね。

Sponsored Link



Sponsored Link