結婚式の服装!男性!それと、服装マナー!

結婚式の服装!男性!それと、服装マナー!



大切な人の幸せを、心からお祝いする結婚式の服装失敗出来ないと悩んでしまいます。

友達の結婚式であれば参加する友達と相談したり買い物に出たりすることも出来ますがなかなか聞ける環境にいなかったりするとどうしても一人で悩むことになってしまいますよね。

初めての結婚式に、参加する場合は、どうしたらいいのか分からないことだらけで行く前から緊張してしまいますよね。そんな人の為に、結婚式での服装とマナーを、紹介したいと思います。

Sponsored Link

避けるべき服装って?

結婚式の服装は、一般的にスーツが多いですが色々とNGな服装があるって知っていましたか?スーツの色やシャツの色など避けるべき事があります。まず、避けるべき服装とふさわしい服装について紹介します。

避けるべき服装



白やピンクなどの明るい色のスーツ
これは、新郎と被ってしまう可能性があります。そのような、服装は避ける方が良いです。

・黒いシャツ
結婚式は、お祝いの場なので、暗い印象になる色は避ける方が良いです。

・ブーツ
ブーツは、カジュアルに分類されます。フォーマルな靴を選ぶのが良いです。

・白い靴下
白い靴下は、避けるのが良いです。ミドル丈の黒ソックスが基本スタイルです。

・ネクタイ
黒ネクタイ、キャラクターもの、アニマル柄は、避ける方が良いです。

シチュエーション別のふさわしい服装って?

結婚式に、参列するときの洋服というのは礼服と言います。この礼服には、タキシード・ディレクタースーツを、指します。また、礼服の種類にも3種類あり正礼装・準礼服・略礼服と分けられています。

どの礼服に、するかと言うのはシチュエーション・式場タイプそして、相手との関係性で選択が変わってきます。その分類を紹介したいと思います。

◎礼服の種類



正礼装
・タキシード
タキシードは、日没以降の結婚式に着用するフォーマルウェアです。黒のタキシードに黒の蝶ネクタイ、胸元にポケットチーフを入れるのが定番となっています。格調の高い装いです。

 

準礼装



・ディレクタースーツ
ディレクターズスーツは、昼間の結婚式に着用される準礼装です。

シルバー系のネクタイを合わせます。結婚式の主賓や、新郎新婦の父親向けの装いです。

 


・ブラックスーツ
ブラックスーツは、あらゆる冠婚葬祭に着用できる準礼装です。

結婚式風の装いにしたい時は、レギュラーもしくはウイングカラーのシャツに、シルバーグレーのネクタイを合わせて見ると良いですよ。

略礼装



・ダークスーツ
ネイビーやグレーといった暗色のスーツ(ダークスーツ)も、ゲスト用の装いのひとつです。二次会だけ出席する場合など、カジュアルなシーンに向いています。

式場タイプ

伝統ある専門式場や格式あるホテル
・シチュエーション:上司として出席、友人スピーチを依頼されている場合
・礼服:正礼装、準礼装が、一般的でフォーマルなものが良いです。

レストランやカジュアルなゲストハウス
・シチュエーション:特になし
・礼服:正礼装、準礼装、略礼装が、一般的でフォーマルとカジュアルの中間がおすすめです。

◆1,1.5次会,二次会を多く扱う式場
・シチュエーション:特になし
・礼服:準礼装の中でも、ブラックスーツもしくは略礼装が良いです。

1. 5次会とは?
あまり聞きなれないですよね。簡単に、紹介します。
1.5次会と言うのは、披露宴と2次会の中間にあるパーティースタイルのことです。結婚披露宴ほどの格式は取らないけど、2次会ほどのくだけないのが特徴です。また、特に決まった形式がなく食事をしたり、得意技を披露したりと内容は新郎新婦が自由に構成出来る会です。

スーツの下に着るシャツって、どんなのにすれば良いの?

スーツは、決まってもなかなか決まらないのが最終的にはシャツって人も多いですよね?礼服一つとっても種類が多かったりマナーがあったりとするので難しいです。そんなシャツの種類について紹介したいと思います。

◆シャツの種類

 


・ドビー
ドビーは、光沢のある小さな柄をあしらった生地のことです。

とても、高級感があります。

 


・ワイドカラー
ワイドカラーは、レギュラーよりも襟羽がやや長め。

大人の魅力が光ります。

 

 

・シングルカフス
シングルカフスとは、袖口にボタンがついている袖のことです。

 

 



・ダブルカフス
ダブルカフスは、カフスリングで袖を留める袖のことです。一般的に、格式の高い式向けです。
結婚式は、フォーマルな場なのでシャツは無地の白の着用が良いです。

でも、結婚式の会場がカフェを貸し切って開催する場合や比較的カジュアルな式である時は淡い色合いのカラーシャツもおすすめですよ。

まとめ

結婚式という大事な場面、失敗出来ないですよね。まず、避けるべきスーツの色をしっかり知った上でスーツ選びをすることが大事です。

また、結婚式のスーツと言っても相手との関係性やどんな場所での結婚式かでも変わってきます。ここを、間違えてしまうと周りの人との服装がかけ離れたものになってしまうので注意が必要ですね。
そして、スーツの下に着用するシャツにも種類があるので前回と同じのでいいかなと軽い選択をせずきちんと見極めてのシャツ選びが重要です。
何がともあれ結婚式を挙げる二人の祝福をする場所です。緊張せず一緒に幸せを楽しみましょう。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です