「教えてもらう前と後」シャンプーの正しいやり方!知ってますか?天皇陛下の元理髪師が教える!

TBS系「教えてもらう前と後」にて、シャンプーの正しいやり方とドライヤーのかけ方が紹介されていました。

天皇陛下の元理髪師の

正しいシャンプーのやり方!

天皇陛下の元理髪師・大場隆吉さんが教えてくれました。

 

予洗いで髪の汚れの7割は落とせる!

予洗いとは!

シャンプを付ける前のお湯洗いのこと!

 

シャワーヘッドを頭皮から5cmくらいにして

髪の汚れを落としていきます。

温度は39℃前後が目安で約3分!

熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまうから注意!

 

Sponsored Link

シャンプーの付け方!

シャンプを両手にとったら

髪の生え際から頭頂部に指を滑らせるように馴染ませ

空気を含ませて行うと徐々に泡だち

 

さらに、髪の毛を泡立てネットのようにすると!

きめの細かい泡が出てくるので、きめ細かい泡で皮脂を落とす。

 

シャンプは髪を洗うより頭皮を洗う!

桃に指で触れるタッチを意識し、イメージしながら優しく頭皮を洗う!

 

洗う時間の2倍のすすぐが大事!

泡を感じなくなってから1分以上すすぐ!

 

すすぐのが不十分だと皮脂が頭皮に残ってしまう!

正しいドライヤーの使い方!

自然乾燥ではなく、ドライヤーを使うのがよい!

頭皮や髪の毛に水分が残った状態だと、

頭皮は雑菌が多くて繁殖しやすい環境になる!

そうすると!

頭皮の炎症や、かゆみの元に!

なるべく早く乾かす事が必要。

ドライヤーの注意点!

髪とドライヤーの距離に注意!

ドライヤーの温風は平均で100℃〜110℃

近すぎると髪にも頭皮にもダメージが大きい!

 

頭皮から20cm以上離すことで、60℃〜70℃になる!

さらに!

ドライヤーは動かしながら使う!

髪の毛が8割乾いたら冷風に切り替えて使うと良い!

そうすると!

髪の毛のツヤと手触りがよくなる!

 

白髪・抜け毛・冷え性改善!運動!

 

白髪や抜け毛は頭皮の血行不良があり!

指先などの毛細血管が消えることをゴースト血管と言います!

 

ゴースト血管になると、栄養が体の隅々までいかなくなり

抜け毛、白髪、冷え性に!

 

ゴースト血管は、偏った食生活や運動不足などが原因!

 

カカト落とし運動

カカト落とし運動で、ふくらはぎが鍛えられ

 

第二の心臓と言われるふくらはぎには多くの毛細血管が集まっています!

この運動で全身の毛細血管が活性化!

ゴースト血管や改善や予防に繋がります。

 

①背筋を伸ばして立ちます。

 

それでつま先立ちになり、

カカトを体重をかけて落とします。

地面に落とした刺激が骨に良い!

 

1日30回!

 

Sponsored Link



Sponsored Link