腸ヨガ!朝晩2分で出来る便秘解消!?「腸を知って身体のお悩み解決SP」紹介

フジテレビ系「腸を知って身体のお悩み解決SP」にて、腸ヨガをヨガインストラクターの大友麻子さんが紹介されました。

腸ヨガ?

おなか周りを刺激するポーズで、腸の動きを活溌にする。

ヨガ特有のゆったりとした動きと呼吸で自立神経を整える。

教えてくれるのは、カリスマヨガトレナー大友麻子先生。

それと、小林メディカルクリニック東京・院長小林暁子先生がアドバイス。

呼吸法

大友麻子先生「それでは、呼吸法からやって行きます。まず口から、吐いて見て下さい。寒い冬に日に、手を温める時に、息を吐く時のです」

ハーっと声を出して、おなかから息を吐ききり鼻から吸う。

呼吸を吐く時に、肩の力が抜けるようにリラックスして下さい!

小林先生「深い呼吸をすることで、自律神経のバランスを整えるやすいのがあります」

大友先生「苦しくないくらいの長さで、もっと吐こう、もっと吐こうと無理しすぎない事が大事です」

Sponsored Link

夜の腸ヨガのポイント

◯日中興奮状態にある、交感神経を鎮める。

◯腸のポジションを整える。

夜!猫のポーズ

ヨガ

◯よつんばいになり手を前に伸ばして床にオデコを付けます。

◯この体勢で呼吸を5回行います。

身体をナナメにする事で、腸が上がってくる事を意識しましょう。

小林先生「日中立ってる事が多いので、腸のポジションが下がりやすいのでそれを整えてくれる効果」

夜!バッタのジャンプ

ヨガソリ

◯うつ伏せになり両手を背中で組んで、のけぞります。

この体勢で呼吸を5回行いましょう。

おなかを重心にすることで、腸を圧迫している感覚を意識しましょう。

その後、力を抜きリラックスしましょう。

小林先生「結構力を入れるので、一瞬緊張した状態をワザと作るんですけど。その後グーッとリラックスさせるという事で。

ワザと負荷を掛けていく事で、身体の気持ちいいとなろうとする能力を高める、寝る前にピッタリのヨガになります」

朝の腸ヨガのポイント

◯睡眠中に鎮まった交感神経を高める。

◯腸に刺激を与え排便を促す。

朝!マーメイドのポーズ

ヨガ横

横向きの体勢で寝て、腕枕するように頭の下に腕を置きます。

お尻と、内ももの筋肉を締め上に上げて行きます。

脇腹に利いている所まで、脚を上げましょう!

この体勢で呼吸を5回行います。

それで反対側もやりましょう。

小林先生「骨盤底筋群を刺激するので、最後に溜まった物を出そうという方向に行きやすい。

寝てる間に、リラックスモードになり過ぎている身体の状態を活動するぞと交感神経も丁度よく高めながら。そういう意味があるので朝のヨガなんですね」

朝!ヨットのポーズ

ヨガネジり

脚を伸ばして座り左脚を立てます。

身体をねじるように、右ひじを左ひざにかけます。

この体勢で呼吸を5回行います。

腰をひねる事で腸が刺激され、便秘解消に導く活発が期待されます。

それで、反対側も同じように行います。

小林先生「左右の腰骨の所ですね。腸の詰まりやすいポイントが合って、伸ばしてくれてねじを取ってくれてという事なので。

これも朝行うと、その後トイレに行きたいなっていう風にダイレクトに利きやすい」

おさらい

腸ヨガのポーズ

◯朝と夜2ポーズすつ行う。

◯各ポーズでは5回呼吸する。

朝・マーメイド・ヨット

夜・猫・バッタ

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です