「この差って何ですか?」体が1番温まるショウガ料理!と蒸しショウガの作り方!

TBS系「この差って何ですか?」にて、体が1番温まるショウガ料理が紹介されていました。

 

体が1番温まるショウガ料理!

ショウガは食材では、1番体を温める!

全て同じショウガの量の10gで行っていました。

 

その調理方法で差が出る事が紹介され比較された料理が!

 

ショウガ湯

おろしたショウガを生のまま、お湯に入れて作るショウガ湯!

豚の生姜焼き

おろしたショウガを豚肉に揉み込み

フライパンで焼く。

厚揚げ

おろしたショウガを生のまま薬味として乗せる。

炊き込みご飯

千切りにしたショウガをご飯と炊飯器で炊く。

イワシの煮付け

スライスしたショウガをイワシと煮る。

 

この5つの料理の中で1番温まる調理法は!?

番組では、食後に体温の変化をサーモグラフィーカメラで測定しいました。

15分後には

4つの料理は殆ど体温が上がっておらず!

1つの料理だけ体温が上がり体が真っ赤に!

 

炊き込みご飯が1番体を温めた料理!

 

なぜ炊き込みご飯を食べると体が温まったのか!

 

ショウガに含まれるショウガオールが

お腹周りの血流を高めて持続的に体を温めてくれる。

 

ただショウガオールは、生のショウガには殆ど含まれない!

ショウガオールを引き出すには2つの条件が!

①約100℃で加熱!

②約30分じっくり加熱

 

炊き込みご飯は、約100℃で30分ほどしっかり加熱

この2つの条件を満たした為、しっかり体を温めて体温が上がった!

 

厚揚げと生姜湯は、ショウガが100℃に達していない

そのためショウガオールを引き出せない!

生姜焼きは、100℃をはるかに超える高温で加熱しているため

ショウガオールが壊れる!

 

イワシの煮付けは、約100℃でじっくり加熱

しているのになぜ効果が現れなかったのか!

 

煮付けは、ショウガオールは出ていたが

煮汁に溶け出してあまり採れなかった!

ウルトラ蒸しショウガ作り方

炊き込みご飯より多く!

ショウガオールを引き出せる!

 

①市販のショウガを皮が付いたまま

厚さ約1〜2mmにスライスします。

 

②蒸し器になるべく重ならないように並べ

約30分蒸します。

 

③蒸し上がったらバットなどに並べ

天日は約1日、室内は約7日干したら完成します。

 

干しショウガは、厚揚げなどの上に刻んで乗せたり

ショウガ湯、サラダ、味噌汁に入れたりしてショウガオールを!

 

Sponsored Link



Sponsored Link