「マルコポロリ」アグネス・チャンさん息子3人をスタンフォード大学入学させた教育法!

関西テレビ放送「マルコポロリ」にて、アグネス・チャンさん3兄弟をスタンフォード大学入学させた教育法が紹介されていました。

アグネス・チャンさん息子3人をスタンフォード大学入学させた教育法!

息子3人はスタンフォード大学卒業し、

長男の和平さんはアメリカのベンチャー企業のCEOとして活躍!

アグネス流!脳の働きを良くする方法

アグネス・チャンさんは、児童心理学をトロント大学で学んでいるそうです。

シナプスを増やす!

シナプスは、脳神経細胞のつなぎ目

シナプスが増えると情報伝達が早くなりとされている。

 

アグネス・チャンさん「脳の細胞は産まれた時は大体一緒なんです

ほぼ、みんな一緒!で、その違いというのは

脳細胞をつなぐシナプス多いか少ないか!

どこにつながっているかという事なので。

 

一番多く成長するのは、0歳〜3歳

3歳〜5歳、5歳〜8歳ですね!この間に

いっぱい新しい体験をさせるとシナプスが出てくるの

 

だから、いろんな物を見せるとか触らせるとか

外に出かけたりとか雨が降っている時に外に行ったり

毎日、違う1日を過ごさせるとよい!

 

アグネス・チャンさん「特に3歳までは自分がどうやって

物を覚えたか覚えていない。どうやって立って歩きだしたか」

覚えていない事は無意識に学んだ物なんです!

だから無意識に学んだ事は中々直せない!

無意識の時期には、たくさんいい思い出を作ってあげたい!

悪い物があるとゆくゆく影響してくるので!

 

Sponsored Link

絵本は わざと読み間違える

子供は間違い探しが大好きなので!

いつも読んでいる絵本をあえて間違えて

読み聞かせたりアグネス・チャンさんはしていたようです!

 

一番大事なのは質問することはとてもいいことだ!

質問したら、ママが喜ぶんだと!

よく聞いたくれた!ありがととアグネス・チャンさんは伝え

質問する楽しさを教えていたようです。

 

質問する子は学ぶチャンスが多い!

 

事前に学校の教科書を読んで学ぶ流れを覚えておき

教科書を事前読み、学ぶことを立体化する!

雨を教える事が載っていたら、外で雨を降っている時に教える。

歴史の人物なら博物館に行ったり!

 

誰でもできる!反抗期の乗り越え方

アグネス・チャンさん「思春期のことをちゃんと説明してあげれば反抗しない

んです。(9歳の時に説明)これからは子供から大人になるから

体の中にホルモンがたくさん出来てくるんですよ。

成長ホルモンとか、男性ホルモンとか女性ホルモン

 

それによって、イライラしたりムカついたり

眠れない夜もあれば、起きれない朝

笑いが止まらない時も、泣きたくなる時も

それは全部ホルモンのせいですから!

 

でも、イライラしてもムカついてもママのせいじゃないから

自分のせいでもない!パパのせいでもない!パパのせいでもない!

友達のせいでもない!社会のせいでもない!ホルモンのせいだ!」とアグネス・チャンさんは説明してあげていたようです。

 

イライラしてぶっかって来ても、家族でホルモンのせいだからねと!

 

赤ちゃんは どうやってできるのと聞かれたら

アグネス・チャンさんは、説明するために!

アゲハ蝶の幼虫を近くにみかんの木があったので

捕まえてケースに入れて育ててサナギになり

成虫になるまで見せて生命の神秘さを教えていたようです。

 

アグネス・チャンが息子3人に見せていたテレビ番組!

アグネス・チャンさんは、アンパンマンやサザエさんを見せていたようです。

知に勝つ子育て AI時代への準備[本/雑誌] / アグネス・チャン/著

 

Sponsored Link



Sponsored Link