七田式!ダック&ペンギン体操!やり方「さんまの東大方程式」

3月30日放送フジテレビ系「さんまの東大方程式」にて、七田式のダック&ペンギン体操が紹介されていました。

七田式英才教育!

七田式の幼稚園児のクラスでの英才教育が紹介されていました。

全ての国旗&国名を記憶している幼稚園児や、8分間で円周率を500桁まで記憶していて書ける幼稚園児などが放送され、七田式には円周率を500桁覚えている天才児が多くいるとナレーションされていました。

 

なぜ七田式が記憶力が凄いか!

記憶を司るのは左脳ですが!6歳の幼児期に訓練することで右脳でも記憶が可能に!

だから天才脳に育つ!

どんなレッスンをしているのか!

①超高速で読み上げるカード!

絵が書かれたカードを高速で読み上げめくられる!

なぜ高速で読み上げカードめくるのか?

右脳に言葉をインプットするためには、必ず高速で入れて行く事が大事!

子供に意識させずに見せて聞かせていく!

すると語彙数が増えていく!

 

大量のカードを一瞬見ると子供脳は貴重な情報だと、勝手に認識し記憶しようとする!

これを6歳までに繰り返し受ける事で、右脳の瞬間記憶力が飛躍的向上する!

それで、自然と覚えられる右脳教育!

 

さらに、写真記憶を鍛える為に

9枚のチップと9マスが書かれた紙を使った写真記憶などがある!

見本を3秒だけ見て同じチップを並べる。

 

②脳を活性化するダック&ペンギン体操!

七田式では、小学生クラスから脳を活性化する体操を行っています。

①手を内側に曲げつま先を開きます。

②手を外側に広げつま先を閉じます。

これを鳥の(グワ!グワ!)鳴きマネをして交互に10回続ける。

複雑な動きで脳を鍛えられるそうです。

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link