バレンタインデーに、甘い物が苦手な人に贈る物!

バレンタインデーに、甘い物が苦手な人に贈る物!



バレンタインデーと言えば、もちろんチョコレートですが、甘い物が苦手な人もいますよね?そんな人へ贈る物は何が良いのか悩んでしまいます。

甘い物が、苦手な人でも、食べることが出来るチョコレートなんてあったら最高です。また、チョコレートはそれでも無理って人にも喜んでもらえる贈る物を紹介します。

 

Sponsored Link

甘い物が苦手な人へ贈るチョコレート

甘い物が、苦手でもやっぱりバレンタインデーだから、チョコレートを食べてもらいたいと思ってしまいます。

そういう時は、チョコには種類がたくさんあり甘くないチョコレートもあります。甘くないけどおしゃれなチョコレートを紹介します。

◆ビターチョコやココアクッキーの手作りお菓子

甘い物が、苦手であっても手作りチョコを貰うのは男の人にとってもとても嬉しい物です。そこで、甘くないビターチョコやココアなどを使った手作りチョコがおすすめです。

◆甘さ控えめの高級チョコレート

チョコレートと、一言で言ってもピンキリです。

しかも、チョコレート専門店が出来るほどの甘い物から苦いものまでさまざまです。その中でも、甘い物が嫌いな人に比較的食べやすいビターチョコがおすすめです。

そして、バレンタインなので特別な贈り物として贈るので普段あまり購入しない高級なチョコレートが良いでしょう。

 

チョコレート以外の贈り物

それでも、やっぱり甘い物苦手だけでなくチョコレートが苦手って言う場合もありますよね。

そのような場合の贈り物として最適なのはいくつあっても困らないものですし選択肢が増え、迷う人もいますが参考に幾つか紹介していきます。



◆ハンカチ、ネクタイ

何枚も、持っているけど何枚あっても困らないものと言うと毎日欠かさず使用するものですよね。ハンカチは、誰しも必ず毎日持っている物です。ネクタイに、関してはスーツで会社へ行く人にはとても良い贈り物です。スーツ出勤でなくてもネクタイは、何本もあると色々なおしゃれが楽しめるのでおすすめです。

◆シャンパン、ワイン

お酒が、好きな人であればシャンパンやワインも良いと思います。お酒だけでなく、手作り料理とそれに合うお酒を用意すれば喜ばれること間違いなしです。



◆ハート型を取り入れた手作り料理

夫婦、同棲中などであれば、手作り料理の定番のカレーで、野菜をハート型にしたご飯をハートに盛り付けするなどバレンタインデーならではの特別な盛り付けをすると準備も楽しいですね。

ただし、ハート型にしても気付いてもらえない可能性もあるので「いつもありがとう」や「LOVE」などの日頃の感謝の気持ちをどこかに一言添えるといいと思います。



◆夜景の綺麗な場所での外食

バレンタインなので、女性から男性へプレゼントを贈る日です。それでも、環境や状況により家で食事出来ない人もいると思います。

夫婦やどちらか一方が一人暮らしの恋人同士であれば家での食事は出来ますが、その日に初めて告白をする場合や家族と同居している恋人同士の場合には、外食になってしまうと思います。そんな時も、少しおしゃれで夜景の綺麗な場所での食事だと普段とは違った食事が楽しめます。

 

贈り物以外のイベントも楽しもう



バレンタインデー前後は、各地でイベントが開かれるので楽しみは贈り物だけではありませんよ。彼へ贈り物を渡した後は、近くで開催されているイベントもチェックしておく方が良いですよ。

その場合には、外での食事していることが多いと思います。イベントが、開催されている近くで食事をしてイベントを楽しんでからゆっくり帰るなんてとてもロマンチックで憧れてしまいます。しかも、男性側から見てもとても魅力的に映ると思います。

 

まとめ

チョコレートと言うと、甘い物と言うイメージですがこの機会に苦味の少しあるものを買ってみるのもいいですね。甘いチョコと苦いチョコの組み合わせは、絶品です。両方買って、二人でチャレンジしてみてもいいかもしれません。

チョコレート以外の贈り物は、誕生日では買わないようなおしゃれだけど普段使いが出来るものが女子力アップにも繋がるのでそのようなものを見つけて見るのも楽しいですね。

バレンタインデーは、贈り物を渡すだけのイベントではありませんね。各地で、さまざまなイベントも開催されていてそんなイベントに参加することによってお互いの気持ちを確かめ合う日でもあると思います。

楽しい二人だけの世界の、バレンタインデーを楽しみましょう。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です