寄せ書き!退職するお世話になった先輩に贈る言葉

寄せ書き退職するお世話になった先輩に贈る言葉

出会いが、あれば別れがあるものですよね。

分かっていても今までお世話になった先輩が退職するなんて考えたこともなかったと思っている人多いのではないでしょうか。

しかも、その先輩が新しい道を歩み出す時胸を張って送り出す贈る言葉って難しいですよね。そんな尊敬する先輩を、安心して新しい夢に向かってスタート出来るような贈る言葉を紹介します。

Sponsored Link

退職祝いのメッセージの書き方

メッセージを、書くのってかなり悩みますよね。でも、メッセージを書く時のポイントさえ掴んでしまえば気持ちのこもったメッセージが書けるようになりますよ。そんな書き方のポイントを紹介します。

◆活躍と労を労う

まず、「お疲れ様です」と言う節目を迎えた尊敬する先輩への労を労うことを忘れずにしましょう。また、共に楽しい時も苦しい時も過ごしてきた先輩であればその時のエピソード等を添えて振り返るメッセージにするのもいいですね。

◆さみしさを伝える

「先輩が、明日からいなくなるさみしさ」も、素直に伝えるのもとても大切なことです。ただし、転職等での退職する場合には引き留めるメッセージにならないよう注意が必要です。でも、先輩の存在の重要性を伝える事は先輩も喜んでくれるはずです。

◆次のチャレンジを応援する

退職する先輩にとっては、第二の人生の始まりです。今までとは、違う環境での生活に不安と希望をもって旅立ちます。今後も、応援し励まし合う間柄になることを約束し送りだしてあげましょう。

退職祝いのメッセージ文例

お世話になった先輩への寄せ書きに書くメッセージって全ての思いを伝えたくて短文で表すのって難しい物です。今回は、書き方のポイントを踏まえたメッセージの文例を紹介します。

◆○○さん、本当にお世話になりました。メンバーを代表して心からお礼を申し上げます。
個人ではなく、部署単位での代表者だけしか書けない時はシンプルに伝えるのがいいですね。

◆いよいよこの日が来てしまいましたね。寂しいです。在職中は数えきれない位お世話になりました(涙)新生活も頑張って下さいね。
一人一人が、メッセージを書ける場合には、このメッセージが良いと思います。尊敬する先輩への感謝の気持ちがストレートに伝わりますよ。

◆大変お世話になりました。新たな出発が実り多きものとなりますよう心から応援しております。
同じ部署には、いたけれど別々のプロジェクトを担当する先輩の場合にはこのメッセージがお勧めです。何かと頼りにしていた先輩だったと思うのでいい距離でお互いの成長を見てきた間柄にちょうど良いメッセージです。

寄せ書きだけじゃ伝えきれない時

先輩と過ごした年月は、寄せ書きの短文では思いを伝えきれない人はメッセージカードを送ってみてはどうでしょうか?

メッセージカードも、長文を書くのは難しいけれど寄せ書きとは別で書いてくれたという特別な関係は先輩にしっかり伝わると思いますよ。

でも、そのメッセージカードに上手くまとめて伝える為にまた悩んでしまいますよね。そんな人の為に、メッセージカードの文例を紹介します。

◆◯◯さん。
◯年間お世話になりました。
先輩がいなくなると思うと不安でなりませんが、教えて頂いた事を一つずつ思い出しながら業務に励みたいと思います。いろいろと本当にありがとうございました。

◆◯◯さん。
お世話になりました。
お別れするのはとても寂しいのですが、人生におけるステップアップを目指しての決断とのことで、心から敬意を表します。ぜひご自身の夢を実現されますようお祈りします。

◆○○さんと一緒に働くことが出来て、楽しい思い出ばかりで懐かしさで胸がいっぱいになります。新天地でも○○さんらしさを忘れず、たまにはここの職場のメンバーも思い出してやってください。長い間本当にお疲れさまでした。

まとめ

退職する先輩への寄せ書きメッセージは、急に依頼されているわけではなく前もって書くことを知らされてはいるのにいざ書こうとするとやっぱり思いがまとまらずお世話になった先輩なのでどう表現すれば良いのか分からなくなりますよね。

でも、書き方のポイントを抑えればお世話になった先輩へ力のこもったメッセージを伝える事ができますね。

書き方のポイントは、分かっても文章の苦手な人にしたらどう表現すればいいのか分からないものですよね。寄せ書きを書く単位や先輩との距離によってのメッセージ文例を参考に迷わず書けそうですね。

先輩へのお世話になった想いは、寄せ書きだけの短文だけじゃ伝わらないけどメッセージカードでさらに書こうとしてもなかなかいい文面って出てこないですよね。そんな時には、メッセージカードの文例を参考にして肩の力を抜いて文面+αのメッセージを送って元気に送り出しましょう。

Sponsored Link



Sponsored Link