子供の勉強机の購入する時の選び方ポイント!

子供の勉強机の購入する時の選び方ポイント!

子供の学習机って、選ぶの難しいですよね。しかも、子供の成長は早いので机の高さも重要です。6年間は、しっかり学習机で勉強して欲しいと思いますよね。

成長に合わせて机の高さや椅子の高さが変えることが出来れば嬉しいですよね。今回は、子供の勉強机の選び方とポイントについて紹介します。

 

Sponsored Link

学習机の購入する時の選び方

学習机を、選ぶ時子供と一緒に行こうと考えている人もいるかもしれないですね。もちろんその机で、勉強するのは子供ですがそれだけで選んでしまうと6年間使うことが出来ないかもしれないですよね。

子供の要望も聞きながら長く使ってもらえるような机選びが大切です。また、子供は成長するので机は大人の要望を通して椅子や小物類で子供が飛びつくものに年齢に合わせて変化させていくのが良いですね。

 

学習机の購入時のポイント

まず、机を選びに行く前に事前に決めておいた方が良い購入前のポイントについて紹介します。

学習机を置く場所を決める。

学習机は、だいたいどれも同じくらいの大きさと思っていませんか?学習机と言っても小さめのサイズのもの~大きめサイズまで様々です。

子供部屋に置くのかリビングに置くのかでも大きさは変わってくると思うので場所とだいたいのサイズを決めてから買いに行くのが良いですよ。

デザインは、飽きの来ないシンプルなもの。

子供が、成長していく過程で1年生の時は可愛い・かっこいいと感じていても段々と子供ながらに子供っぽいと感じてしまったり友達にこんな子供っぽい机で勉強しているの?って思われたら親としては悲しいですよね。

そうならないように学習机はシンプルなデザインにしましょう。周りの小物は成長に合わせて買い替えて長く使える机にしていきましょう。

成長に合わせて高さ調節が出来るもの。

子供の成長が、早いからと言って6年生になったらちょうどよくなるサイズで購入してしまうのは止めましょう。

1年生の時は、まだ身長も低いし小学生に上がったばかりでは何かの拍子に椅子から落ちてしまい怪我するなんてことがあったら危険です。

成長に合わせて机や椅子の高さが調節出来て子供も親も安全・安心して勉強できる環境作りが出来るようにしたいですね。

 

学習机の素材は、無垢材が一番

学習机は、木の素材ですがそれを細かく分類すると2種類あるって知っていましたか?まずは、木の素材について紹介します。

・無垢材:天然そのままの木

学習机には、無垢材がおすすめです。木、本来の匂いや温もりが感じることの出来るのが1番の特徴です。

ただし、ほとんどの無垢材は長く使うことで変形してしまう為色々な木材を繋ぎ合わせたものになっています。

また、天然そのままで一つ一つ作られている為価格が高くそして重量もとても重いです。天然の木の温もりと優しさに囲まれた勉強机で子供の成長を見守ってみるのはどうですか?

・突板(つきいた):スライスした木を接着剤で貼ったもの

学習机には、無垢材が1番ですが値段も高いのでもう少しリーズナブルにと思っている人は突板です。無垢材ほどの高級感はないのですが最近の突板にもしっかりとした存在感があるので双子の姉妹・兄弟等2人同時に入学と言う場合にはこちらがお勧めです。

 

学習机の形を選ぶ

学習机って、言っても色々な形のものがありますよね。子供の成長に合わせて形を変えていけるのが1番ですが大きく分けると下記2つの形があります。

平机

置く場所に合わせたサイズの平机を購入し子供の成長と必要に応じて棚を購入する等好みに合わせてカスタマイズ出来ますね。

妹や弟がいる場合下の子は、同じ物を欲しがったり真似をしたがります。そういった場合には、机だけを用意してお絵かきスペースとするなどして小さい頃からの習慣づけにするのもいいかもしれないですね。

小学校に上がったら上棚を購入し勉強机にするのもいいかもしれないですよ。

 

3段チェスト書棚付き学習机

組み替え机

机の上に棚を置くのではなく棚が独立していて机の後ろや左右どこにでも移動できるタイプです。そうすることで、小学生の時は正面。

兄弟が横に机を並べるようになった時にはその仕切り棚として活躍しますよ。また、棚として独立しているので机の横に置いて本棚として使用することも出来るので成長に合わせてレイアウトを変更することが出来るのでお勧めです。

 

 

ユニットデスク組み合わせ自由

まとめ

学習机は、安い買い物ではないので末永く使って欲しいというのが親の想いです。勉強机を購入する時は子供はまだ小学校入学前です。

可愛いのが欲しい年頃だと思うのでディスクマット等の小物は子供の好みを尊重してあげると良いですよ。末永く思い出の詰まった勉強机にするために親子で勉強机選びを楽しみましょう。

Sponsored Link



Sponsored Link