訃報の知らせ方!時間、親戚のどこから、何処まで?今さら聞けない!

訃報の知らせ方!時間、親戚のどこから、何処まで?今さら聞けない!

いつ何が起きるか分からない世の中、もし親族が亡くなった時どうすれば良いか分からない人多いと思います。

知っていても気が動転してすんなり出来る人もいないですよね。それでも、何か合ってから調べるには遅いので事前に知識として知っておくことはだいじなことです。今回は、訃報の知らせ方等についてご紹介します。

訃報の知らせ方

一昔前まであれば、新聞や電話、電報等が一般的な手段でしたが現在では電話が一般的な連絡方法です。

もちろん、ネットが使える環境にある親族へは亡くなったとの連絡以外にも葬儀の事等これからのことを連絡うることが多くなるので聞き間違いや連絡漏れを防ぐ為にメールも併用するのも良いですね。

電話とメールを!

また、メールで一斉送信をする人もいますが伝える内容が内容なので一人一人に伝えるようにするのが良いです。それでも、メールでの訃報の知らせを嫌がる人もいるので送る際には注意が必要です。

同年代の親戚等であればそれ以外にも知らせないといけないと連絡もあると思うので第一報は電話で連絡しその後の報告事項はメールにするなど状況に合わせて連絡手段を変えるのも良いですね。

メールを連絡手段とする時には、相手が気が付いてないこともあるので連絡事項をメールしたことを電話で伝えると読み忘れやメールが届いていなかった等の送信事故を避けることが出来ますよ。

訃報を知らせるまでの時間

親族が、亡くなったからと言ってスムーズに出来る人なんていないですよね。しかも、仕事としていない限り何回やっても慣れない作業ですよね。

まずは、訃報を知らせるまでの時間と親族への連絡はどこからしたら良いのかを紹介します。

 ■訃報を知らせるまでの時間

親族が、亡くなった場合気が動転して何をしなければいけないのか分からなくなることもあると思います。まずは、自分の気持ちを落ち着かせてから24時間以内に親族や会社関係者に連絡するようにしましょう。

また、手分けして連絡出来るのであれば誰がどこまで連絡するのか確認をして連絡漏れがないように注意が必要です。

普段から、何もなくても近況を連絡し合える付き合いをするのが良いですね。そうすることで、連絡しないといけないけど連絡しにくいなと言うこともなくなりますよ。

 親戚への連絡はどこから何処まで

訃報を、知らせる時間は24時間しかないのでそこからどこから連絡すべきなのを調べるにはあまりにも時間がないですよね。また、亡くなった相手によってどこからなのか等も変わってきます。それでは、親族の連絡はどこから何処まで連絡すべきなのかが重要ですよね。

伝える親戚への範囲!

一般的には、親族へ連絡する範囲としては3等親内となります。ただし、近所に住んでいてお互いに普段から会っている関係にある親戚がいる場合にはもちろん知らせるようにしましょう。

親族などで話し合い連絡ノート作成

普段から、連絡を取り合っていればすぐに連絡もつくので安心ですがあまり連絡を取り合っていない親族・親戚であれば何かの時の緊急連絡先を聞いておくのが良いですね。そして、家族皆で共有して何かあったときに慌てずにすぐに連絡出来るようにノートにまとめておくと良いですよ。

まとめ

訃報のお知らせの電話する機会なんてまだ先の事って思っていてもいつ何が起きてもおかしくない時代でもあるので親族・親戚への普段から連絡をしておかないとなかなか電話しにくいですよね。

親族が、亡くなって悲しみに暮れている時間はあまりないのですね。すぐにでも、連絡するべき人達に知らせないといけないのです。

連絡すべき範囲は、3等親内と家族ぐるみで親交のある親戚等です。親交があれば連絡しやすいけれど3等親内と言っても一年に一度会うか会わないかくらいの人もいますよね。

それでも、この機会にこんな時代だからこそいつでもお互いの近況を伝える事の出来る付き合いを少しづつ始めるのもいいかもしれないですね。連絡先を、聞く時も何かの時の為に親戚一同の連絡先を聞いておきたいと伝えれば教えてくれると思います。

そして、この連絡がきっかけで親戚一同で集まる機会が増えたり子供同士での付き合いや絆が深まれば集まるのが楽しみになりますよね。早速、連絡先作成に取り掛かりましょう。

Sponsored Link



Sponsored Link