ほうれい線を改善法!リガメントほぐし!紹介「サタデープラス」

MBS放送「サタデープラス」にて、ほうれい線を改善法を紹介されていました。

ほうれい線は、なぜ出来る!

サフォクリニック・昭和大学藤が丘病院形成外科・松宮敏恵先生が教えてくれました。

解剖学から、たるみ改善法を導き出す!

 

松宮先生「顔に、骨、筋肉、脂肪、皮膚っていう順についているんですけども。年々重力によって下に垂れてくるのがひとつ。

それから、紫外線だったりその生活習慣で老化が進んでしまうと筋肉の弾力が落ちてきたりだとか。皮膚のコラーゲンが減ってきてハリが保てなくて落ちてくるのもあります」

年齢を重ねると弱まるのは顔の筋肉も同じ。

ほうれい線の原因も顔の筋力低下してたるんでしまう!

ほうれい線のできやすさチェック

①下唇を前歯で軽く噛みます。

②そして、歯茎が見えるように上唇を出来るだけ上にあげます。

これで、口の周りの筋力をチェックしているんです。

上唇が上にあがらない人は、ほうれい線が出来やすい証拠!


Sponsored Link




リガメントほぐし

リガメントとは、訳すとじん帯!

リガメントは骨と、筋肉、脂肪を繋ぎ止めてる結合点の事!

骨から皮膚は、全ての場所で繋がっているのではなく。

このリガメントによって点で支えられているんです。

 

ほうれい線と関連しているリガメントが、頬骨の下にあります。

それで、リガメントをほぐすと上に引っ張る筋肉がよく動き、筋力がアップし頬が持ち上がる!

それで、ほうれい線が目立ちにくくなるようです!

リガメントほぐし方法!

リガメントは、鼻の付け根から頬骨に沿ってついています。

ほぐすのは、このライン!

①親指を立てたら、頬骨の下に潜り込ませるように斜め後ろに押す。

 

%e9%a0%ac頬骨に沿うように、ゆっくり痛気持ちいいので押すのがポイント!

最初は、リガメントが固い為、痛く感じる事もありますが徐々に痛みは弱まるそうです。

親指で下方向に押すのはダメ!

基本は毎日1〜2分で!

顔の筋肉も、ほぐれて血色もよくなります。

目元のリガメントほぐし

目玉の入っている骨の周りを人差し指で押して行きます。

%e7%9c%89%e3%81%be

横にずらしながら押します。

 

上も、眉毛のちょっと下くらいを上に押します。

%e7%9c%89%e6%af%9b

やりすぎると、リガメントが痛みようなので注意して下さい!

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です