「あさイチ」のどの衰えで声の老化を防ぐ!やり方

NHK放送「あさイチ」にて、のどの衰えで声の老化を防ぐやり方が紹介されていました。

 

のどの衰えで声も!

耳鼻咽喉医・中村一博先生が教えてくれました。

 

女性は、40代になると

女性ホルモンの低下によって変化が起きることも!

声帯の粘膜の潤いが失われてカサカサになったりすると

声のツヤがなくなるそうです。

 

老化による筋力の低下で、声帯を引っ張る力が弱まり

高い声が出なくなったり、かすれてしまったりもするようです。

美しい声を保つやり方!

①背もたれに、もたれかからないで

姿勢よく座ります。

 

それで、両手で座面を両手で握ります。

イスを持ち上げる感じで力を入れ

引っ張り上げながら

「んっ」と力む感じで声を出す。

 

すると声帯を閉じる筋肉が鍛えられ

かすれた声が治ると説明されていました。

10回で1セット✕5〜10。

1日5〜10を目安にして下さい。

 

1ヶ月くらいで効果が現れるようです。

 

声帯の天敵!

お酒は飲むと潤いがなくなる!

お酒の代謝の為に、体の水分が使われるので

そうすと脱水の方に傾くので粘膜のツヤがなくなり

ハリがなくなり声が悪くなる!

 

タバコも炎症を起こして声帯が太くなって声が低くなる!

喫煙が慢性炎症を起こし、声帯が少しづつ太くなっていく。

声が下がって、ガラガラになったりする。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です