会社を人間関係で辞めたい時に使える!理由とポイント!

会社を人間関係で辞めたい時に使える!理由とポイント!

 

今の仕事は、好きなのに人間関係がどうしても上手くいかない事ってありますよね。

けれど、人間関係で仕事を辞めたとなると周りの目も気になるので出来れば違う理由で辞めたいですよね。そんな時に、使える辞めたい理由を紹介します。

 

Sponsored Link

上司へ伝えるときの理由

本音は、人間関係と言いたいとこですが円満に辞めていく方が今後の為でもあるので上司への伝え方として「私は、成長したい」と言う気持ちが伝わる理由を見つけて伝えると良いと思います。その伝える時の理由を紹介したいと思います。

◆将来の夢を理由にする

将来の夢に繫げる為の資格勉強をしていることや、それに向けての転職活動を始動していると伝える事で今より上を目指すための新しい一歩を踏み出すための退職だと理解を示してくれると思います。

配属年数が、長いとどうにか居てもらいたいと思うのが上司の願望です。やりたいことが出来る部署で、空きがあるからと言われてしまうとより上の強い理由がないと納得してもらえないかもしれませんが引き留めてもらえると言う幸せと感謝をきちんと伝えましょう。

◆家庭の事情を理由にする

この会社では、残業が多すぎて家庭との両立が出来ないことや両親の面倒を見なくてはいけないから残業が出来なる事により周りに迷惑かけてしまう事を伝えましょう。また、家庭との両立が出来て自分のやりたいことが出来る仕事を別の会社で頑張っていく事も付け加えるといいですよ。

また、父親の転勤に伴う引っ越しとするにも良いですね。若い人やお金がない人は実家の引っ越しで、通勤が遠くなり通えなくなると言うのも強い理由となると思います。

◆転職先を理由にする

以前から、行きたいと思っていた会社への転職が決まったことを伝えましょう。そして、希望する仕事が出来ることを伝える事で上を目指していく人と言う印象を上司に持ってもらうことが出来ます。それでも、伝える時期に注意しましょう。

 

上司へ伝えるときの2つのポイント

辞めたい理由を、上司へ伝えるときは下記2つのポイントを抑えた上で伝えるといいと思います。

◆自分の力不足を伝えよう

会社のせいにして、辞めることも絶対にしてはいけないことです。どんな理由があったにせよ、あくまでも「自分の身勝手な理由で辞めることを選択したこを大変申し訳なく思っている」と言うことをつたえましょう。

◆精一杯の感謝を伝えよう

語り出せば色々出てくるとは思うけれど少なくとも入社してから指導してもらったことは変えることの出来ない事実です。その感謝の気持ちを上司に伝えることで良い印象を持ったままになるので円満に会社を辞めることが出来ます。

 

 

辞めるまので準備と流れ

人間関係が理由であっても会社を円満に辞めることは、とても大切なことです。それでは、具体的にどんなことに気を付ければいいのかを紹介したいと思います。

◆1か月前には伝える事

正社員であれば1か月前ですが、派遣社員である場合更新時期が決まっていて3か月ないし半年更新であったりすると、契約違反となる場合があるのでその辺りもしっかり考慮しましょう。

◆引継ぎの準備を始める

上司への辞める意思を伝えて辞める事を認めてもらったら自分のやっていた仕事は誰かへ引き継ぐことになります。今いる人なのか新しい人なのかで書き方が違ってくると思うのでしっかり確認しましょう。

◆会社の忙しさを配慮して退職日を決める

一人減ることになればその分業務は忙しくなる事は目に見えています。他の人へ一旦引き継ぐことになるかもしれないので無理のない退職時期を考えましょう。

◆会社を辞める前に力になれる事を考える

自分のやっていた業務内容を書きだすことも大事なことですが、新しい人が気持ちよく仕事や人間関係が築けるような環境を整えてあげることも重要です。

 

まとめ

会社を、人間関係で辞めたい時ストレートに言いたくなる気持ちをこらえて、自分にとってプラスになる理由を伝える事で印象を悪くすることなく去っていけますね。

そして、辞める事が決まったら残る人達に迷惑を掛けないようにし円満に退職出来る様最大の努力をしましょう。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です