干支の順番と読み方!簡単な覚え方も紹介!

干支の順番!



年末年始になると、来年の干支などがテレビや世間の話題になりますね!

それに、年末年始の番組などで今年の干支が自分の干支で年男など言ったりしますし!

 

年齢を聞かれて、干支を言われたりと生活にも良く使われる言葉ですよね。

 

話の中で、友達同士で干支が言える?など会話したりもある干支の順番って覚えていますか?

 

おぼろげに覚えていたりしませんか?

 

その干支の順番を紹介したいと思います!

 

 

漢字だと子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥となります。

 

漢字と読み方と動物名!

子・ね・ネズミ。

丑・うし。

寅・とら。

卯・う・うさぎ。

辰・たつ。

巳・み・ヘビ。

午・うま。

未・ひつじ。

申・さる。

酉・とり。

戌・いぬ。

亥・い・イノシシ。

となり、12の動物が当てはめられ存在しない辰(龍)もいます。

1月1日に、神様に挨拶をした順番など、これらの動物が選ばれたのには諸説あります。

 

Sponsored Link

来年の2018の干支は!



来年の干支は、戌・いぬですね!

自分の干支は、何年にくるかちょっと気になりますよね。

気になっていなくても、聞かれたり聞いたり会話などで考えたりするので思い浮かべますよね。

 

 

干支の簡単な覚え方!

やっぱり覚えるとしても、一般的なのは口ずさみながら繰り返して覚えるのが多いですよね。

学校の先生や親御さんに、繰り返して口ずさんで覚えるように教えてもらったりしますよね。

でも、中々覚えられず頭の中に入らないですよね。

 

子・ね・ネズミ。

丑・うし。

寅・とら。

卯・う・うさぎ。

辰・たつ。

巳・み・ヘビ。

午・うま。

未・ひつじ。

申・さる。

酉・とり。

戌・いぬ。

亥・い・イノシシ。

 

簡単な覚え方!

 

ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、

ひつじ、さる、とり、いぬ、い、とリズムを付けて

口ずさんで繰り返すのが覚えるのに必要なやり方ですね!

 

リズムを付けるなどし、地道に口ずさんで繰り返して覚えるのが方法です!

それに、部屋やトイレなどに干支を書いて貼っておくのも一つのやり方です。

携帯の待受け画面に干支画像にするもやり方の1つですね。

 

ポイントは!

決まった時間などに覚える流れを1日の中に作るのが大事な事です!

それで、毎日繰り返して干支を覚えてる方法。

 

どれだけ覚えようと意識するかも必要な事で、家族などに覚える事を

宣言して自分を追い込むのもありなのかもしれないです!

 

覚えないといけない状態でないと、人は中々頭の中に記憶されないのが現状!

自分に合った覚え方を見つけるのも必要な1つの事です!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

お役に立てれば幸いです。

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です