「この差って何ですか?」字が劇的に整う!3つのコツ!

TBS「この差って何ですか?」にて、字が劇的に整う!3つのコツが紹介されていました。

 

字が劇的に整う!3つのコツ

1つ目のポイント!

書き始めに打ち込みを入れる!

上の字を例題に!

縦線や横線を書く時に書き始めに!

斜め45度の打ち込みを入れる!

打ち込みを入れる事でメリハリがつく!

それで字が整った印象になると説明されていました。

字が重なっている部分は打ち込みを入れない!

一、二、三で横線をマスターすべし!

整った字が書けない人は

横線が全て同じ向きに書かれている!

 

一の書き方

弓なりに反ったゆるやかなカーブを描く!

 

二の書き方

斜め上に直線に書き、二画目に打ち込みを入れ

弓なりに反る!

 

三の書き方

一画目に、打ち込みを入れ斜め上へ

二画目も打ち込みを入れ真横にまっすぐ

三画目も打ち込みを入れ弓なりに反る。

一、二、三の漢字は他の漢字にも応用できる!

四角形は逆台形にすべし!

整った字が書けない人は、

四角形の縦線をまっすぐおろして書いている人が多い。

 

整った字を書くコツは!

四角形は逆台形に書く!

 

 

 

 

 

 

一画目に打ち込みを入れ斜めにおろし

横線、縦線を斜めに内側に

横線、縦線は打ち込みを入れ

しっかりとまっすぐおろします。

 

あえて縦線とつけずにスキマを作る!

抜け感が出て上品になると説明されていました。

 

逆台形に書く時に注意する必要が!

日や目、自は逆台形にしない方がいい!

 

打ち込みのルールは漢字とカタカナだけ!

ひらながは、打ち込みをせず柔らかさ・曲線を意識する。

 

Sponsored Link



Sponsored Link