入学祝い相場、小学生・中学生・高校生はどれくらいがいい?

入学祝い相場、小学生・中学生・高校生はどれくらいがいい?

 

入学祝いは、渡す人も、貰う方も嬉しい物です。ただ一つ迷うとしたら金額ですよね。高すぎても低すぎてもよくないですよね。渡す前にしっかり相場を知ってお祝いしましょう。今回は、小学生から高校生別に見る相場金額を紹介します。

 

Sponsored Link

入学祝いを贈るべき範囲

入学祝いは、本来は家族だけに贈るものなので渡す側から見たら甥っ子、姪っ子や孫に当たる親戚に贈るものです。親しい友人・知人や、同僚の子供へ贈ることはあっても親しくない人へ贈るとかえって遠慮されたり断られたりすることがあるのできちんと判断した上で贈るようにしましょう。

また、会社の同僚や上司から入学祝いを貰ったことがあるのであればお金ではなく図書カード・商品券・文具券を渡すようにして現金で渡すのは止めましょう。

 

入学祝いの相場金額

入学祝いの相場と言っても、贈られる側から見て甥っ子・姪っ子、孫なのかでも違ってきます。どちらにしても、身内には変わりないので成長は嬉しいものなので奮発してしまいがちですよね。

それでも、1人目から奮発していくと入学は小学校・中学校・高校と少なくとも3回は渡すことになります。その間に、人数も増えることを踏まえた上で金額設定するのが良いと思います。そこで今回は、関係性別に見る相場を紹介したいと思います。

◆祖父母から孫へ贈る時

祖父母から孫への金額は、全体的に高めですね。それでも、今後のことを考えて相場の金額にするのがいいですよ。将来、孫が増えた時奮発し過ぎると大変になります。祖父母から孫へのお祝いの相場は下記のようになっています。

・小学校入学の場合:1万円~3万円

・中学校入学の場合:2万円~6万円

・高校入学の場合:3万円~9万円

◆甥っ子、姪っ子、等の親戚へ贈る時

甥っ子、姪っ子は、いくつになっても可愛いですよね。可愛さで金額をアップしてしまうと次のお祝い金が大変になってしまい自分の生活にも影響を与えることもあるので相場に沿った金額を渡しましょう。

・小学校入学の場合:5000円~1万円

・中学校入学の場合:5000円~1万円

・高校入学の場合:1万円~2万円

◆友人・知人・同僚の子供へ贈る時

基本的には、入学祝いと言うのは身内に渡すものなので友人・知人・同僚の子供等へは渡す必要がないとされています。でも、小さい頃から知っていたり、自分の子供へお祝いを貰っていたのであれば渡す方が良いかもしれませんね。そんな時は、下記の相場相当の現金以外のものを渡すと良いですよ。

・小学校入学の場合:3000円~5000円

・中学校入学の場合:3000円~5000円

・高校入学の場合:3000円~5000円

 

 

入学祝いの渡す時期

入学祝いは、入学式が始まる前に渡すのが良いので3月中に渡すと良いですよ。入学準備は、購入しないといけないものが多数あるので何かと出費が増えます。また、小学校や中学校入学であれば入学式の日は決まっているので3月の初旬に贈ると喜ばれますよ。

ただし、高校入学の場合は受験の合否がまだ分からないことがあるので合格の知らせを受けてから渡せるように準備をしておくと良いですね。それでも、どうだったのか気になるとは思いますが何度も電話やメールで聞くのは止めましょう。もしもって、ことがあるので合格すれば喜ばしい事なので相手から連絡して来ると思うので気長に待ちましょう。

 

まとめ

友人や知人・会社の同僚等、小さい頃から知っていて交流があればついつい渡してしまいがちですが基本的には渡す必要がないのですが周りが渡していて渡していないのが自分だけだと気が引けてしまいますよね。そんな時は、現金以外の品物を渡すと今後の関係にもヒビが入らずに過ごせると思います。

身内の入学式と聞くと嬉しくなるのは共通することだと思いますが相場を知ってその範囲内で渡すようにしないと子供たち同士の噂はすぐに広まるので「○○の時はいくらだったのに」なんて暴露されてしまったら大変ですよね。

また、金額も大事ですが渡す時期も重要です。どんなに遅くても入学式前には渡すようにしましょう。そして、入学式を控えている側にしたら間際に渡されても準備でバタバタしていてタイミングが合わないこともありますので相手の予定を配慮した上で渡す時期を設定すると良いですね。

Sponsored Link



Sponsored Link