血糖値スパイク解消法!「NHKスペシャル」

NHK放送・NHKスペシャル「血糖値スパイクが危ない〜糖尿病・心筋梗塞の新対策」の原因と対策が放送されました。

血糖値スパイク

全国で血糖値スパイクが起きている人は、推定1400万人以上だそうです!

健康診断で、正常と言われている人も血糖値スパイクになっています。

食事を食べた後に、血糖値が急上昇する方が増えているようです。

それが血糖値スパイクだと言います!

身体の中では!?

食事を取るとその中に含まれる糖分が、腸から血液中に取り込まれます。

この血液中の量が血糖値です。

血糖値が上がると、すい臓からインスリンという物質が分泌されます。

インスリンには、筋肉に糖を送り込む役目があり、それで血糖値を抑えています。

血糖値スパイクの人は!

ところが血糖値スパイクを起こしている人は、糖を取り込む能力が低く血液中の糖が急増し、すい臓は大量のインスリンを送り込みなんとか細胞に糖を取り込ませ血糖値を下げます。

その結果、食後に血糖値が急上昇し、また正常に戻るという急激な変化が起こるようです。

 

それに、20代の痩せ型の女性の20%が血糖値スパイク!?

 

血糖値スパイクが起きると、活性酸素が発生して血管がダメージを受けて心筋梗塞を起こしてしまう。それが、脳に起こると脳梗塞!

 

下のURLからNHKのページで血糖値スパイクチェックが出来ます!

http://www.nhk.or.jp/special/kettouchi/check/index.html

Sponsored Link

血糖値スパイク解消法

食べる順番に気をつけろ!

ご飯を先に食べると腸まで辿り着くには30分!

ある物をご飯より先に食べると、80分になり。

ご飯が腸まで辿り着くまでに時間が掛かると、ゆっくり吸収されるため血糖値の急上昇を抑えられる事になります。

 

その時、ご飯より先に食べたものとされ!

 

コーンスープ、ステーキ、フルーツの中でステーキを食べた時に、

ご飯が腸まで辿り着くのに80分に出来る。

理由は?

肉に含まれる脂質やタンパク質が、腸に送られるさいにインクレチンが腸から方質されます。その働きで、胃腸の動きが遅くなり、後からご飯を食べた時に糖の吸収が遅くなる。

食べる順番!

だから、食べる順番は野菜、肉、魚などで最後にパンやご飯を食べるといいようです。

朝ごはん抜き厳禁!

空腹の時間がながくなると、インスリン分泌が落ちてきて肝臓のインスリンも落ちて。

できるだけ、定期的に3回食事を食べるとインスリンも出やすくなりインスリンの働きもよくなる。だから、1回1回の血糖値の上昇が穏やかになる!

 

食後に、ちょこちょこ動け!

通常食後およそ15分間は、食べ物の消化吸収を良くするため血液が胃や腸に集まります。

所がこの間に身体を動かすと手や足の筋肉に奪われ、胃腸の動きが鈍くなります。

その結果、糖の吸収が遅くなり血糖値の上昇を抑えられる。

ポイント!

食後すぐに、散歩などで身体を動かすのがいい!

運動は30分連続でやらないと効果がないと言いますが!

血糖値スパイクに関しては、こま切れにした方が下がるんじゃないかという研究の結果もあるようです。

ずっと座ったままが良くないと、食後にちょっと立って動くのが大事と覚えておくといいようです。

やせていても血糖値が高い場合は何に気をつけたら?

日本人は体質的に、インスリンの分泌が悪い!食べる物が植物繊維の物にもって行くといいようですね。

有酸素運動と筋トレ、どちらが糖尿病・脳梗塞の予防に効果的?

両方するのがいいとなっているようです。若い女性で血糖値スパイクが多いですが。ちょっと筋肉の量が少ないのも、良くない。

食べないで、運動をしないのもかなり色んなリスクを起こすも頭に入れて置いた方がいい。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です