夏に急増!むくみ原因・対処法!やり方紹介「サタデープラス」

MBS放送「サタデープラス」にて、夏に急増!むくみ対処法が紹介されていました。

夏に急増!むくみ!

サタデープラスでは、街の人女性100人にむくみについてアンケートし、

83人がむくみに悩んでいました。

それに、むくみは血流が悪くなる冬のイメージですが!

 

東京警察病院・形成外科・澤田彰史先生が教えてくれました。

澤田先生は、むくみを訴える人が1番増えるの季節は夏!と説明!

 

それに、むくみは、足から悪臭、夏太りはむくみが原因ある事も!



Sponsored Link





むくみとは!

北青山Dクリニック院長・阿保義久先生が教えてくれました。

むくみは、血管の中に淀み溜まった水分が血管の壁から外に染み出し、細胞の間に溜まった現象をいいます。

重力により、水分が溜まる足に出やすい。

そして、ホルモンや筋肉の関係から女性に多くみられる。

 

サタデープラスでは、足のむくみの検証が行われ!

3人の職業の違う女性のむくみ検証!

 

お笑い芸人の友近(43)さん。

 

立ち仕事が多いバスガイド(24)さん。

 

1日中!動きぱなし!主婦の(39)方

計り方!

水槽に水を一杯にして、足を入れて溢れた水を調べるやり方で

むくみを朝、夜計っていました。

 

 

バスガイドさん!

朝8時30分に計量。

左足2930ml・右足2800mlで

両足5730mlの体積。

 

約7時間後!

両足5960ml➡230ml増加!

 

主婦の方!

朝8時30計量。

右足2700ml、右足2750、両足5450ml。

19時過ぎに計量。

両足6150ml➡700ml増加!

 

友近さん

朝10時

左足2650ml、右足2630ml、両足5280ml。

仕事が20時30分に終了し計量。

座り仕事が多かった友近さんの結果!

 

両足5420ml➡140ml増加!

 

3人のむくみ結果!

バスガイド・230ml。

主婦・700ml。

友近さん140ml。

 

暑い所で働く2人が高い数値!

阿保先生によると!

むくみ原因1!

夏の暑さで血管が膨張、血流の勢いが鈍くなり血管から水分が染み出しやすくなる。

むくみ原因2!

大量の汗と共に、水分代謝を調整する物質が流れ出てしまいむくみやすさに繋がる。

夏は普通に生活していても、むくみやすい季節!

 

 

澤田先生によると!

気圧の低い夏は、血管が広がりやすく血流が鈍くなるとことで水分も溜まりやすい。

むくみ予防にいい飲み物!

イシハラクリニック副院長・石原新菜先生が教えてクリニック。

あずき茶!

あずきには、むくみ予防に有効とされるカリウムが豊富!

利尿作用が期待できるサポニンも含んでいる。

あずき茶の作り方!

①あずき(50g)を水洗いし、アルミホイルに重ならないように並べる。

それで、トースターで5分間加熱します。

 

②加熱した、あずきを水と一緒に皿に入れます。

(あずき50gに対して、水400ml)

ラップして500w電子レンジで、10分間加熱するだけ!

やかんや鍋で煮出してもOK!

全身のむくみ予防に効果が期待出来るあずき茶!

むくみトリプルアタック!医師監修!

むくみ改善法!

澤田先生教えてくれました。

第2の心臓と呼ばれる、ふくらはぎを動かし血流アップ!



イスに座ります。



カカトを上げ下げします。

20回繰り返します。

足の血液を上に戻す効果が期待出来ます。

トリプルアタック2

大腿四頭筋を動かして、静脈の血液をさらに上に引き上げます。

太ももの筋肉を動かす!



イスに座ったまま、左右の足を交互に前に蹴り出します。

左右合わせて20回行って下さい。

 

トリプルアタック3

阿保先生が教えてくれました。

深呼吸!

ふくらはぎや、太ももの筋肉を動かし上げられた血液を

さらに呼吸による横隔膜の動きで心臓に引き上げる!



胸を膨らませることでを意識しながら、深呼吸します。

吸って、吐いて、吸って、吐いてを

ゆっくり数回行います。

 

静脈の血液を3段階で押し上げ心臓に戻す!

静脈の血流をアップし、むくみの原因である水分の回収が期待できる!

 

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です