動脈硬化を予防する煎茶を効率良く摂る方法!紹介「たけしの家庭の医学」

テレビ朝日系「たけしの家庭の医学」にて、エピガロカテキンガレートが紹介されていました。

動脈硬化の予防にいい!エピガロカテキンガレート

東京医科大学・小田原雅人先生が教えてくれました。

 

お茶の効果は、色々報告されていいるようですが!

最近では、ガン予防とか認知症予防の研究もあるが、最も確実なのは血管への効果!

 

悪玉コレストロールは、血管に溜まって酸化されて動脈硬化を起こす。

その酸化を、エピガロカテキンガレートが防ぐ抗菌作用があると分かってきた!

 

エピガロカテキンガレートが動脈硬化の原因物質を分解する。

そのエピガロカテキンガレートは、お茶に多く含まれる。

エピガロカテキンガレートの量は、お茶作りの工程によって大きく変わってしまう。

お茶の種類で、4位ほうじ茶

3位玉露

2位抹茶

1位が煎茶!

だから1番多く含まれるお茶が煎茶!

 

エピガロカテキンガレートは、お茶に含まれる渋みの一種で日光を浴びれば浴びるほど増加します。

それで、煎茶に多く含まれているのです。

玉露や抹茶は、日陰で育てる為エピガロカテキンガレートが少ない。

ほうじ茶は、高温で焙煎するためエピガロカテキンガレート分解され少なかった。

高温過ぎるとエピガロカテキンガレートが分解される!

 

それに、煎茶が生まれたのは江戸時代中期と言われています。

Sponsored Link

煎茶の効率的な飲み方!

エピガロカテキンガレートを煎茶から効率良く摂るポイント!

①お湯の温度。

お湯の温度で、エピガロカテキンガレートの溶けだす量が違うようです。

エピガロカテキンガレートが一番多いのは、

沸騰したお湯!

 

お湯の温度が高いほど良くエピガロカテキンガレートが溶けだす。

渋み成分がカテキンの味、だから渋いお茶ほどカテキンが多く含まれる。

それと、緑茶にはカフェインも含まれているので飲み過ぎないように注意が必要。

(特に妊婦の方)

 

②粉末煎茶

エピガロカテキンガレートを摂る効率よい方法!

だから、沸騰したお湯に粉末煎茶を混ぜて飲めばいいようです!

それに、料理に使ったりもいいようです。

 

三ツ木園 一煎用粉末煎茶スティック

 

粉末煎茶ペン型

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です