「たけしの家庭の医学」座布団体操!ヒザ痛予防・改善!ボールペン挟みテスト!足上げ体操!

テレビ朝日系「名医につながる!たけしの家庭の医学」にて、ひざ痛改善ストレッチ!が紹介されていました。

角膜の状態が分かる!簡単チエック法

ボールペン挟みテスト!

順天堂・東京江東高齢者医療センター・黒澤尚先生が教えてくれました。

この簡単チエックで、痛みがある人は滑膜の異常によるものか分かり、

痛みがない人も、将来滑膜の異常で膝痛になるかが分かるボールペン挟みテスト!

①仰向けに寝ます。

片方のヒザを抱えます。

この時点で痛みがある場合は無理に行わないで下さい!

それで、カカトの骨の1番出っ張っている部分と

お尻の間にボールペンを挟みます。

手を離した時に、ボールペンが落ちなければOK!

これを両足行って下さい。

 

名医が考案!ヒザ痛を予防・改善!座布団体操!

①床に座ります

それで座布団を2つ折りにしてモモで挟みます。

5秒挟んだら、ゆるめる、挟むを20回繰り返すます。

座布団体操をすると、太ももの筋肉を使い

滑膜が引っ張られ炎症が治まると黒澤先生が説明されていました。

1日1セット20回を朝晩行って下さい。

 

足上げ体操!

仰向けに寝ます。

5秒間足上げをします。

 

横向きに寝て

5秒間足上げ

1セット20回で朝晩行うと良いそうです。

 

Sponsored Link



Sponsored Link