「シューイチ」骨ストレッチ!やり方!体が簡単に柔らかくなる!

日本テレビ系「シューイチ」にて、骨ストレッチが紹介されていました。

骨ストレッチ!体が簡単に柔らかくなる!

スポーツケア整体研究所・代表取締役・松村卓さんが教えてくれました。

10万部突破の体が簡単に柔らかくなる骨ストレッチ!

骨ストレッチは、筋肉で踏ん張らず骨から動かし筋肉に負担をかけない。

 

人は後ろに振り返ろうとする時に、バランスを保とうと

下半身が無意識に踏ん張ってしまい腰と首の2ヶ所しかひねらない!

 

鎖骨を意識して、筋肉に余計な負担を掛けず鎖骨、肩甲骨、

骨盤と全てが連動し!

さらに、ヒザや足首も捻れる為に可動域が大幅にアップする!

Sponsored Link

鎖骨ひねり

①親指を下にして鎖骨をつかみます。

それで、つかんだ部分を意識しながら

左に7回動かします。

左右行って下さい。

通常のストレッチは、筋肉にアプローチし直接伸ばしますが!

骨ストレッチは、筋肉・骨・関節の3点のバランスよくほぐせる。

基本ポーズ骨ストレッチ

①右手の親指と小指をつけます。

軽く触れるだけでOK!

それで、もう片方の親指と小指で

手首両側の突起した骨の部分を押さえます。

②おヘソ辺りに下げて、手首をスナップさせます。

ブラブラさせます。

親指と小指をつなげる理由は!

親指はブレーキ

小指はアクセル

親指がある筋肉は、体を止める筋肉。

小指のある筋肉は、体を動かす筋肉。

 

だから、親指と小指をつなぐことで、

筋肉がリラックスした状態に!

肩のストレッチ骨ストレッチ

肩甲骨周りをほぐしてくれるストレッチ!

①右ひじを90度に曲げます。

親指と小指をくっつけます。

それで、左手で手首の突起部分をつかんで基本ポーズをします。

②顔は正面を向け後方にひねります。

7回後方にひねります。

左右行って下さい。

ポイント!

肩甲骨を動いているのを意識しながら行って下さい。

骨ストレッチは、運動大嫌いな人が大好きになるストレッチと松村さんが説明。

腰のストレッチ骨ストレッチ

①イスに浅めに座ります。

②肩幅に足を広げ、ひざ下を軽く伸ばします。

腕を前に伸ばし、基本ポーズをつくります。

それで、前方のボタンを押すイメージで腰を伸ばします。

前方に7回行って下さい。

無理せずに出来る範囲で行って下さい!

痛みを感じたら、すぐに中止して下さい!

ポイント!

回数を重ねる毎に伸ばす距離を遠くに。

もも裏伸ばし骨ストレッチ

①親指を小指でくるぶしをつかみます。

それで、ひざを曲げてお尻を上下に動かして

ももの裏を伸ばします。

無理せずに出来る範囲で行って下さい!

痛みを感じたら、すぐに中止して下さい!

くるぶしと結んだ線を中指を結んだ

Tの字を意識して立ちます。

立体体前屈のやり方

①親指と小指をももの付け根にくっつけます。

それで、足をなぞるように滑らせます。

骨ストレッチ本

Sponsored Link



Sponsored Link