出産祝いに返事するお礼状・メッセージ!友人・職場の上司へ!

出産祝いに返事するメッセージ!友人・職場の上司へ!

 

出産が、落ち着いたらお祝いをくれた方々へ贈るお礼の品物を考える人がほとんどだと思います。

初めて出産祝いを貰う人は、お礼状のメッセージ文に何を書けば良いのか分からないと思うので友人や職場の上司へ出産祝いのお礼状のメッセージについて紹介したいと思いますので参考になれば嬉しいです。

Sponsored Link

出産祝いに返事するお礼状・メッセージ

赤ちゃんが、生まれて落ち着いたらまずすることはお祝いをくれた友人や職場の上司へのお礼状・メッセージを出すことです。

お礼の品物は、もちろん贈るのですがその前に簡単なお礼状・メッセージを贈ることで相手により感謝の気持ちが伝わりますよ。出産祝いをもらってすぐに出すのはお礼状と一般的に呼びます。そして、お礼状を出して少し期間を置いてから出産内祝いを贈ることをおすすめします。

 

出産祝いお礼状・メッセージ文例

出産祝いお礼状・メッセージと言われてもどう書けばいいのか分からないと思います。そこで、関係別でのお礼状・メッセージの文例を紹介したいと思います。

◆友人への文例

  1. ○○ちゃん 出産祝いありがとう!

旦那そっくりの元気な女の子だったから○○ちゃんって付けたよ。

近くに来た時は、ぜひ○○ちゃんに会いに来てね!待ってるよ。

  1. ○○ちゃん お祝いのメッセージカードありがとう。

○年○月○日生まれの私の目がそっくりの可愛い男の子だよ。

名前は、〇○って付けて旦那と私の名前からとった名前なんだ。

○○ちゃんとこの○○くんと仲良く遊ぶようになったら楽しいだろうね。

これからも、宜しくね!

  1. ○○ちゃん お祝いとメッセージカードありがとう。

私も、やっとママの仲間入りしたよ。これからは、先輩ママとしてアドバイス

いっぱいお願いします。いつも頼りにしているけれどこれからは私と家族の仲間入りした○○ちゃんを宜しくお願いします!また、ママ友ランチ会で会おう!!

◆上司への文例

1. 名前 ○○(○○と読みます)

○月○日生まれ 体重○○○○g 身長○○cmの元気な女の子です。

長女出産の際、お祝いの品とメッセージカードを頂きありがとうございました。

母子ともに、健康で家族が増えて今まで以上に賑やかになり楽しく過ごしています。

近くまで立ち寄った際には、是非遊びに来てください。今後とも宜しくお願い致します。

2. 長女出産の際には、可愛い服をたくさん頂きありがとうございます。初めての事だらけで旦那と一緒に育児に奮闘中です。

○月○日生の身長○○cm の○○○○g、将来○○○○のように育ってほしいと願いを込めて〇○と名付けました。母子ともに健康で家族が増えて益々賑やかになって毎日楽しく過ごしております。また、お礼の品をお贈り致します。今後とも、宜しくお願い致します。

3. 先日、次女が誕生した際にお礼を頂きありがとうございます。

○月○日生まれ 体重○○○○g 身長○○cmの元気な女の子です。

名前は、〇○と名付けました。長女の〇○もしっかりお姉ちゃんととして妹○○の誕生を喜びお世話をしてくれています。この二人の成長を見守っていきたいと思います。今後とも変わらず宜しくお願い致します。

 

お礼状・メッセージ作成時の注意

お礼状・メッセージの文例は、例としてアレンジして作成したい人もいますよね。そんな時に、注意点がありますので紹介したいと思います。

◆“お返し”と言う言葉は禁句

出産祝いのお礼状・メッセージを書く時に、ついついやって書いてしまいそうな“お返し”と言う言葉は絶対にお礼状・メッセージには書かないようにしましょう。

それは、出産祝いをもらったから「お礼状・メッセージを書いています」と言う印象に受け止められてしまうことがあります。今後の付き合いにも影響しかねない事なので注意が必要ですね。

◆相手の事を考える

出産祝いを贈ってくれた友人や上司の中には、妊活中の人や赤ちゃんが出来ない人、もしくは作らないと決めているなどそれぞれの家庭の事情等があると思います。

その為、他の独身の友人やママ友へのメッセージと同じような文面にしてしまうと相手を傷つけてしまうこともあります。その時は、赤ちゃんが生まれた喜びは短文に済ませるようにすると良いですよ。

 

 

まとめ

出産祝いをくれた人への贈り物に添える、お礼状・メッセージと一言で言っても友人や職場の方々への内容は勿論違うのは分かっていても、出産の喜びが大きいので相手への思いやりを忘れがちです。出産に対して悲しい想いをした友人への配慮も忘れないメッセージを心がけましょう。

Sponsored Link



Sponsored Link