「世界一受けたい授業」葛西紀明選手!体幹トレーニング!3分間!疲れない体の作り方!

日本テレビ系「世界一受けたい授業」にて、スキージャンプの葛西紀明選手が寝る前に3分でできる体幹トレーニングが紹介されていました。

葛西式メソッド!

疲れない体をつくる体幹トレーニング!

①仰向けに寝て両膝を立て、

へその1cm下を1cmへこませます。

 

それで、上半身を起こしておへそが見えたら3秒間キープします。

そして、ゆっくり息を吐きながら元の体制に戻ります。

これを5回繰り返す。

腹横筋と腹直筋が鍛えられ、正しい姿勢が維持できるようになるようです。

それで疲れない体に繋がる。

無理せず出来る範囲で行って下さい!

 

Sponsored Link

下半身強化トレーニング!スキージャンプスクワット!

下半身は全身の筋肉の70%集まっているので鍛える事で

代謝が上がりやすくなり、下半身は衰えやすいので日々のトレーニングが必要。

①立った状態で脚を肩幅に開き、頭の後ろで腕を組ます。

この時に、つま先とひざは正面を向くように心がけましょう。

ひざがつま先より前に出ないように、10秒かけて腰を落とします。

お尻がひざの位置まで下がったら、10秒かけてゆっくり元の体制に!

これを5回行います。

1日3セットでOK!

大腿四頭筋や大殿筋といった、下半身の多きな筋肉が鍛えられ疲れない体をつくれる。

テレマークスクワット!

①立った状態で、腰に手を当てます。

前後に脚を開きます。

バランスを取りながら、5秒かけてヒザを落とします。

ヒザが床に付く直前で5秒キープします。

10秒かけて元の体制に戻します。

これを左右交互に5回づつ行って下さい。

1日3セットでOK。

大腿四頭筋、大殿筋、腹筋が鍛えられます。

このスクワットは葛西選手も、脚プルプルするそうです。

 

無理せず出来る範囲で行って下さい!

葛西紀明 直伝レジェンド・ブレス

葛西選手がやっていたが、今までは企業秘密だったが紹介しますと説明されていました。

①鼻から目いっぱい息を吸い込みます。

②さらに息を吸う。

③5秒間 息を止める。

④歯の隙間から、ゆっくり息を吐き出します。

 

これを葛西選手は、スキージャンプを飛ぶ直前に行っていたようです。

葛西紀明選手「息を吐き終えると、ドキドキがおさまりジャンプに集中できた」

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link