「初耳学」腹筋の正しい鍛え方!ウエスト引き締め!腹横筋!昔ながらの腹筋運動はダメ!

10月7日放送・TBS系「初耳学」にて、腹筋の正しい鍛え方!が紹介されていました。

腹筋の正しい鍛え方!

日本筋力トレーニング推進協会・佐藤健一代表理事が教えてくれました。

①床に体育座りをして背筋を伸ばし、手を真上に伸ばします。

②息を吐きながら、お腹をへこませ体を前に丸めCの字にします。

それで、太もも裏で足を抱え込みます。

 

③息を吸いながら、元の状態にします。

それから、体を前後に動かします。

 

1日10回やるだけで腹横筋が鍛えられ

ウエスト引き締め効果が抜群!

 

菊池風磨さんの腹筋の鍛え方!

肘を床に水平につけ、足をつま先で踏ん張りながら耐える!

これが正しい腹筋の鍛え方の1つ。

 

昔ながらの腹筋運動は無意味!

ウエスト引き締めや筋力アップには効果的でない!

なぜか!

アメリカの研究では!

一般の腹筋運動で鍛えられるのは、表面にある腹直筋と呼ばれる筋肉。

鍛えれば鍛えるほど、外側の腹直筋に厚みがでて引き締め効果はありません!

むしろ、筋肉でお腹が出てしまう可能性も。

 

さらに、股関節などの筋肉を使ってしまうためパフォーマンスアップ効果が薄い!

アメリカの陸軍は、昔ながらの腹筋を廃止することが決定!

 

箱根駅伝で4連覇した青山学院大学では、昔ながらの腹筋をやめてから成績がアップ!

 

鍛えるべき筋肉は!

インナーマッスルの腹横筋!

腹横筋は、コルセットのような役割で鍛えられウエストが引き締まる!

だから、お腹がへこむ!

体幹が鍛えられ運動能力もアップ!

 

「初耳学」くびれ母ちゃん!くびれトレーニング法!

 

Sponsored Link



Sponsored Link