「羽鳥慎一のモーニングショー」ロングブレス!冬の悩み解決!美木良介さん直伝!

テレビ朝日系「羽鳥慎一のモーニングショー」にて、美木良介さんがロングブレスで冬の悩み解決として冷えを防ぐロングブレスなど紹介されていました。

 

誰でも簡単ロングブレス!

美木良介さんが教えてくれました。

 

美木さんは、ロングブレスをやり始めた

きっかけは22年間、悩んだ腰痛!

それで呼吸でインナーマッスルを鍛えようと!

インナーマッスルをコルセットにと考えたと!

座ったままでも寝ていても簡単にできるロングブレス!

ロングブレスは鍛える呼吸!

冷えを防いで健康長寿・肝は呼吸にあり!

呼吸の1日平均 約2万回数!現代人は呼吸が浅い!

なぜ浅くなるのか!原因はストレス!

胸や腹の筋肉が緊張して、しっかり呼吸できないから浅くなる!

浅い呼吸の原因2!

スマートフォンで前かがみの姿勢が肺を圧迫!

浅い呼吸をそのままにしておくと!

酸素を十分取り込めなくなり血流が悪化を招き

血液がドロドロに!

 

特に冬!

冷えにより、さらに深刻化する可能性も。

冷えで体も固くなるのと同じで血管も固くなる。

 

だから!ゆっくりとした深い呼吸を!

深い呼吸をすることで代謝が高まって

免疫力が上がる!

美木さん「深い呼吸で体温を上げ病気にかかりにくい身体をつくりましょう!」

60兆個の細胞に酸素を送れるのは呼吸だけ!

インナーマッスルとは

体の奥にある関節や内臓を支える筋肉!

アウターマッスルは、力を入れるため!

インナーマッスルは、生活するため!

長い息で長生き誰でも簡単!ロングブレス

ロングブレスは、新鮮な酸素を取り込む

強く吐くとインナーマッスルが鍛えられる!

基本の長い息

基本の呼吸は、おなかをへこませたまま

お尻も締める

 

鼻から3秒吸って

口から15秒吐く

寝たままでもOK!

寝たままだと腰に負担がかからなくてよりいい!

 

ポイントは、丹田(へその下5cmくらい)

に意識を集中して行います。

高齢者の場合は、呼吸をするだけでも効果に期待!

座ったままロングブレス

イスに座り片足を半歩踏み出し

腕をあげて

鼻から3秒息を吸う

両腕を左右に広げ

大きなボールを

潰すように口から7秒吐きます。

 

1分間を6回・1日3回くらい朝昼晩!

ポイントは、強く長く吐く!

これによって鍛えられる筋肉が

体幹を囲むインナーマッスル!

多裂筋・横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群

元気で歩ける下半身を作る!

背筋を伸ばして座り

鼻から3秒吸う

7秒で思い切り

口から息を吐きながら

足を高く上げて下ろしてを呼吸も繰り返します。

 

回数

左足上げ・10回

右足上げ・10回

左右交互上げ・10回

計30回

鍛えられる筋肉

 

 

 

腸腰筋・大腰筋・小腰筋・腸骨筋

体幹と足をつなぐ筋肉!

 

腸腰筋が衰えるとすり足になる!だから転ける!

腸腰筋は足を90度に上げる筋肉。

トレーニングの効果は!

足を上げる力が鍛えられすり足・つまずき防止に!

 

石原慎太郎さんも実践スクワット

イスに座り

ひじを直角に曲げ

鼻から3秒吸う

口から7秒吐きながら

立ち上がる

10セット

鍛えられる筋肉

歩く時のアクセル

大腿四頭筋を鍛える

太ももの筋肉。

 

座ったままリズム運動

足踏みに合わせて腕を振る

胸に横振り

腰で横振り

思い切り腕振り

足踏み4回で吸う6回で吐く×6セットずつ

(足踏み→2秒に3回の速さ)

 

ポイント!

動作は大きめに

ももをなるべく高くあげる。

物足りない人は!

立ってリズム運動

体幹が鍛えられ持久力も上がる!

リズム運動では

下半身が鍛えられるでけでなく

肩こりや腰痛も改善

全身に血流を行き渡らせる

ことで冷え予防にも

 

ロングブレス120歳まで生きる

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DVDでよくわかる!120歳まで生きるロングブレス [ 美木良介 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/11/22時点)

 

「羽鳥慎一のモーニングショー」肩こり&腰痛の原因をインナーマッスル活用術で!

「羽鳥慎一のモーニングショー」ついでトレーニング!筋肉貯金!

 

Sponsored Link



Sponsored Link